ステップ 4:ソリューションでの暗号化の選択

2024年3月18日

ID 195644

本製品で使用できる暗号化機能]ウィンドウは、保護範囲として[ワークステーション]を選択した場合にのみ表示されます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows は、Windows ベースのクライアントデバイスに保存されている情報を暗号化する機能を備えています。これには、256 ビットまたは 56 ビットの鍵長を実装した Advanced Encryption Standard(AES)を備えた暗号化ツールが含まれます。

256 ビットの鍵長を持つ配布パッケージのダウンロードと使用は、適用法令および規制に従って実行する必要があります。組織のニーズに合致した Kaspersky Endpoint Security for Windows の配布パッケージをダウンロードするには、組織内のクライアントデバイスの所在地における法令などを確認してください。

クイックスタートウィザードのソリューションでの暗号化手順。

ソリューションでの暗号化の選択

本製品で使用できる暗号化機能]ウィンドウで、次のいずれかの暗号化種別を選択します:

  • 中程度の暗号化。この暗号化種別では、56 ビットの鍵長が使用されます。
  • 高度な暗号化。この暗号化種別では、256 ビットの鍵長が使用されます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows の配布パッケージは、後でクイックスタートウィザードとは別に、必要な暗号化タイプで選択できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。