Kaspersky Security Center Web コンソールのクラウド環境設定

2024年3月18日

ID 198709

クラウド環境設定ウィザードを使用して Kaspersky Security Center を構成する場合に必要な項目は次の通りです:

使用準備済みイメージから Kaspersky Security Center を導入する場合、管理コンソールを介して管理サーバーへの最初の接続時に、クラウド環境設定ウィザードが自動的に開始されます。また、ウィザードはいつでも手動で起動できます。

クラウド環境設定ウィザードを手動で起動するには:

メインメニューで、[検出と製品の導入]→[導入と割り当て]→[クラウド環境の設定]の順に移動します。

ウィザードが起動します。

クラウド環境の設定の平均作業時間は約 15 分です。

このセクションの内容

ステップ 1:必要なプラグインとインストールパッケージのチェック

ステップ 2:製品のライセンス管理

ステップ 3:クラウド環境と認証の選択

ステップ 4:セグメントのポーリング、クラウドとの同期設定および次に実行する処理の選択

ステップ 5:ポリシーとタスクを作成するアプリケーションの選択

ステップ 6:Kaspersky Security Center の Kaspersky Security Network の設定

ステップ 7: 保護の初期設定の作成

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。