ステップ 4:セグメントのポーリング、クラウドとの同期設定および次に実行する処理の選択

2024年3月18日

ID 198743

すべて表示 | すべて非表示

このステップでは、クラウドセグメントのポーリングが開始され、クラウドデバイス専用の管理グループが自動的に作成されます。ポーリング中に検出されたデバイスはこのグループに配置されます。クラウドセグメントのポーリングスケジュールがが設定されます(既定では 5 分ごとです。後で設定を変更できます)。

未割り当てデバイスを自動的に移動する[クラウドと同期]ルールも作成されます。以降、クラウドネットワークがスキャンされるたびに、検出された仮想デバイスは[管理対象デバイス]の[クラウド]グループ内の対応するサブグループに移動されます。

次の設定を定義します:

  • 管理グループをクラウドの階層構造と同期
  • 保護の導入

[保護の導入]オプションを選択すると、[デバイスの再起動]セクションが使用可能になります。このセクションでは、対象デバイスのオペレーティングシステムがいつ再起動するかを選択する必要があります。アプリケーションのインストール中に、デバイスのオペレーティングシステムを再起動する場合の処理を選択します:

  • 再起動しない
  • 再起動

次へ]をクリックして先に進みます。

Google Cloud では、製品の導入は Kaspersky Security Center ネイティブツールを使用してのみ行うことができます。Google Cloud を選択した場合、[保護の導入]は使用できません。

関連項目:

クラウドとの同期:移動ルールの設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。