トラブルシューティング

2024年2月14日

ID 207955

このセクションでは、SNMP サービスの使用中に発生する可能性がある一般的な問題の一部について解決策を説明します。

サードパーティ製品が SNMP サービスに接続できない

SNMP サービスがインストールされ、[Kaspersky Security Center で使用するための SNMP サービスの設定]セクションの説明に従って設定されていることを確認してください。

SNMP サービスは機能していますが、サードパーティ製品が値を取得できません

SNMP エージェントのトレースを許可し、空ではないファイルが作成されていることを確認します。これは、SNMP エージェントが適切に登録され、機能していることを意味します。その後、サイドサービスの設定で、SNMP サービスからの接続を許可します。サイドサービスが SNMP エージェントと同じホストで動作する場合、IP アドレスのリストに、そのホストの IP アドレスまたは loopback 127.0.0.1 のいずれかが含まれている必要があります。

エージェントと通信する SNMP サービスは、Windows で実行されている必要があります。regedit を使用して、Windows レジストリで SNMP エージェントのパスを指定できます。

  • Windows 10の場合:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SNMP\Parameters\ExtensionAgents

  • WindowsVista および Windows Server 2008 の場合:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\SNMP\Parameters\ExtensionAgents

regedit を介して SNMP エージェントのトレースを許可することもできます。

  • 32 ビットシステム:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\Components\34\1093\1.0.0.0\SNMP\Debug

  • 64 ビットシステム:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\KasperskyLab\Components\34\1093\1.0.0.0\SNMP\Debug

    "TraceLevel"=dword:00000004

    "TraceDir"="C:\\"

値が管理コンソールのステータスと一致しない

管理サーバーでの負荷を軽減するために、SNMP エージェントに値のキャッシュが実装されています。実現されるキャッシュと管理サーバーで変更される値の間のレイテンシーにより、SNMP エージェントによって返される値と実際の値の間に不一致が生じる可能性があります。サードパーティ製品を使用する場合は、レイテンシーが発生する可能性を考慮に入れる必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。