バックグラウンド接続の確立

2024年3月18日

ID 212566

Kaspersky Security Center Web コンソールがバックグラウンドタスクを実行できるようにするには、Kaspersky Security Center Web コンソールと管理サーバーの間にバックグラウンド接続を確立する必要があります。使用中のアカウントに[一般的な機能:ユーザー権限]機能領域のオブジェクト ACL の変更権限がある場合のみ、この接続を確立することができます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows 12.3 のプラグインをインストールしている、もしくは Kaspersky Endpoint Security for Windows 11.7 以前のバージョンのプラグインからアップデートしていてバックグラウンド接続が確立されていない場合は、バックグラウンド接続を確立する必要がある旨の通知が表示されます。また、サービスアカウントに[一般的な機能管理サーバー上での操作]機能領域の権限を付与する必要があります。

バックグラウンド接続を確立するには:

  1. メインメニューで、[コンソールの設定]→[連携]の順にクリックします。
  2. 連携]タブで、バックグラウンド接続を確立するためのスイッチ[連携用のバックグラウンド接続の確立が[有効]です]の位置に切り替えます。
  3. 表示された[バックグラウンド接続を確立するサービスが、Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーで開始されます]セクションで、[OK]をクリックします。

Kaspersky Security Center Web コンソールと管理サーバーのバックグラウンド接続が確立されました。管理サーバーはバックグラウンド接続用のアカウントを作成し、このアカウントは Kaspersky Security Center と別のカスペルスキー製品またはソリューション間での連携を管理するサービスアカウントとして使用されます。このサービスアカウントの名前には NWCSvcUser プレフィックスが含まれます。

セキュリティの理由から、管理サーバーはサービスアカウントのパスワードを 30 日ごとに自動で変更します。サービスアカウントは手動で削除できません。管理サーバーは、サービス連携接続を無効にした際にこのアカウントを自動で削除します。管理サーバーは各管理サーバーに対して単一のサービスアカウントを作成し、すべてのサービスアカウントを「ServiceNwcGroup」という名前のセキュリティグループに割り当てます。管理サーバーはこのセキュリティグループを Kaspersky Security Center のインストールプロセス中に自動で作成します。このセキュリティグループは手動で削除できません。

関連項目:

Kaspersky Security Center および管理対象セキュリティ製品のアップグレードのシナリオ

主要なインストールシナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。