IAM 証明書のダウンロードと配信

2024年5月20日

ID 221761

既定では、Identity and Access Manager(IAM)は管理サーバーが生成した証明書を使用してブラウザーに Kaspersky Security Center Web コンソールへのアクセス権を付与します。必要に応じてカスタム証明書を使用することができます。どの証明書を使用する場合でも、Kaspersky Security Center Web コンソールのユーザーが Kaspersky Security Center Web コンソールにアクセスするすべてのワークステーションがこの証明書を信頼済みであることを確認してください。

証明書をダウンロードおよび配信するには:

  1. メインメニューで、[コンソールの設定]→[連携]の順にクリックします。
  2. 各証明書について、関連する設定のグループの下にある[設定]をクリックして次のいずれかを実行します:
    • Kaspersky Security Center Web コンソールのインストール中に管理サーバーが生成する証明書を使用する場合:
      1. 表示された証明書のプロパティウィンドウで[管理サーバーが生成した TLS 証明書]を選択します。
      2. ダウンロード]をクリックして証明書をダウンロードします。
      3. Kaspersky Security Center Web コンソールのユーザーが Kaspersky Security Center Web コンソールにアクセスするすべてのワークステーションにダウンロードした証明書を配信します。
    • 使用する証明書がある場合:
      1. 評された証明書のプロパティウィンドウで[カスタム TLS 証明書]を選択します。
      2. 証明書ファイルおよび秘密鍵を選択します。
      3. OK]をクリックします。
      4. Kaspersky Security Center Web コンソールまたは Kaspersky Industrial CyberSecurity コンソールにアクセスするすべてのワークステーションに証明書を配信します。

証明書により Kaspersky Security Center Web コンソールおよび Kaspersky Industrial CyberSecurity コンソールにアクセスする権限がユーザーに付与されます。

すべての証明書は、適時に再発行する必要があります。管理サーバーによって生成された証明書は手動で再発行される必要があります。Kaspersky Security Center Web コンソールのインストーラーによって生成された証明書は、インストーラーを使用して再生成される必要があります。

関連項目:

Identity and Access Manager を有効にする:シナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。