klmover ユーティリティを使用したネットワークエージェントの管理サーバーへの接続

2024年5月20日

ID 227839

コマンドラインで klsetsrvcert ユーティリティを使用して管理サーバー証明書を置換した後は、接続が切断されているため、ネットワークエージェントと管理サーバー間の SSL 接続を確立する必要があります。

新しい管理サーバー証明書を指定して接続を復元するには:

コマンドラインから、次のユーティリティを実行します:

klmover [-address <サーバーアドレス>] [-pn <ポート番号>] [-ps <SSL ポート番号>] [-nossl] [-cert <証明書ファイルのパス>]

ユーティリティを実行するには管理者権限が必要です。

このユーティリティは、ネットワークエージェントがクライアントデバイスにインストールされると、ネットワークエージェントのインストールフォルダーに自動的にコピーされます。

ネットワークエージェントのポリシー設定で[アンインストール用パスワードを使用する]がオンになっており、ネットワークエージェントのバージョンが 15 の場合、klmover ユーティリティは対応するパスワードを必要とします。ネットワークエージェントのインストールフォルダーにある klcsngtgui ユーティリティを使用して、ネットワークエージェントのバージョンを確認できます。

klsetsrvcert ユーティリティのパラメータの説明を次の表に示します。

klmover ユーティリティのパラメータ値

パラメータ

-address <サーバーアドレス>

接続する管理サーバーのアドレス。

デバイスの IP アドレス、NetBIOS 名、DNS 名を指定できます。

-pn <ポート番号>

管理サーバーへの暗号化されていない接続が確立されるポートの番号。

既定のポート番号は 14000 です。

-ps <SSL ポート番号>

SSL を使用した管理サーバーへの暗号化接続の確立に使用する SSL ポートの番号。

既定のポート番号は 13000 です。

-nossl

管理サーバーへの暗号化されていない接続を使用します。

このキーを使用しない場合、ネットワークエージェントは暗号化された SSL プロトコルを使用して管理サーバーに接続されます。

-cert <証明書ファイルのパス>

管理サーバーへのアクセス認証で使用する証明書ファイル。

-virtserv

仮想管理サーバー名。

-cloningmode

ネットワークエージェントのディスククローンモード。

次のパラメーターのいずれかを使用して、ディスクのクローンモードを構成します。

  • -cloningmode:ディスククローンモードのステータスを要求します。
  • -cloningmode 1:ディスククローンモードをオンにします。
  • -cloningmode 0:ディスククローンモードをオフにします。

たとえば、ネットワークエージェントを管理サーバーに接続するには、次のコマンドを実行します。

klmover - アドレス kscserver.mycompany.com - ログファイル klmover.log

関連項目:

シナリオ:管理サーバーのカスタム証明書の指定

クライアントデバイスから管理サーバーへの手動接続:Klmover ユーティリティ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。