ネットワークの場所によるネットワークエージェント切り替えルールの作成

2024年3月18日

ID 231194

すべて表示 | すべて非表示

ネットワークロケーションに基づくネットワークエージェント切り替えは、Windows または macOS を実行しているデバイスでのみ使用できます。

ネットワーク設定が変更された場合に、ある管理サーバーから別の管理サーバーにネットワークエージェントを切り替えるルールを作成するには:

  1. 管理対象デバイスのグループに対してルールを作成する場合は、このグループのネットワークエージェントのポリシーを開きます。次の操作を実行します:
    1. メインメニューで、[デバイス]→[ポリシーとプロファイル]の順に移動します。
    2. 現在のパスのリンクをクリックします。
    3. 表示されるウィンドウで、対象の管理グループを選択します。

      その後、現在のパスが変更されます。

    4. 管理対象デバイスのグループにネットワークエージェントのポリシーを追加します。すでに作成済みの場合は、ポリシーのプロパティを開くためにネットワークエージェントのポリシーの名前をクリックします。
  2. 特定の管理対象デバイスに対してルールを作成する場合は、次の操作を実行します:
    1. メインメニューで、[デバイス]→[管理対象デバイス]の順に選択します。
    2. 管理対象デバイスの名前をクリックします。
    3. 管理対象デバイスのプロパティウィンドウが表示されたら、[アプリケーション]タブをクリックします。
    4. 選択した管理対象デバイスにのみ適用するネットワークエージェントのポリシーの名前をクリックします。
  3. 表示されるプロパティウィンドウで、[アプリケーション設定]→[接続]→[接続プロファイル]の順に選択します。
  4. ネットワークロケーションの設定]セクションで、[追加]をクリックします。
  5. プロパティウィンドウが表示されたら、ネットワークロケーションの説明と切り替えルールを設定します。次のネットワークロケーションの説明に関する設定を指定します:
    • 説明
    • 接続プロファイルの使用
    • 記述を有効にする
  6. ネットワークエージェント切り替えルールの条件を選択します:
    • DHCP サーバーアドレスの条件 – ネットワークの DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバーの IP アドレスが変更された場合。
    • デフォルト接続ゲートウェイアドレスの条件 – メインネットワークゲートウェイのアドレスが変更された場合。
    • DNS ドメインの条件 – サブネットの DNS サフィックスが変更された場合。
    • DNS サーバーアドレスの条件 – ネットワークの DNS サーバーの IP アドレスが変更された場合。
    • WINS サーバーアドレスの条件 – ネットワークの WINS サーバーの IP アドレスが変更された場合。この設定は Windows を実行しているデバイスでのみ使用可能です。
    • 名前解決の条件 – クライアントデバイスの DNS または NetBIOS 名が変更された場合。
    • サブネットの条件 – サブネットアドレスとマスクが変更された場合。
    • Windows ドメインのアクセス可否の条件 – クライアントデバイスが接続している Windows ドメインのステータスが変更された場合。この設定は Windows を実行しているデバイスでのみ使用可能です。
    • SSL 接続アドレスのアクセス可否の条件 – クライアントデバイスは、(選択したオプションによって)指定されたサーバー(name:port)との SSL 接続を確立できる場合とできない場合があります。サーバーごとに、SSL 証明書を追加で指定できます。この場合、ネットワークエージェントは、SSL 接続の機能をチェックすることに加えて、サーバー証明書を検証します。証明書が一致しない場合、接続は失敗します。

    ルールに複数の条件がある場合、論理演算子「AND」を使用して組み合わせられます。ネットワークロケーションの記述により切り替えルールを適合させるには、すべてのルール切り替え条件を満たす必要があります。

  7. 条件セクションで、ネットワークエージェントを別の管理サーバーに切り替える時間を指定します。このため、[追加]をクリックして条件の値を設定します。

    また、[リストにある値のいずれかと一致する]オプションは既定でオンになっています。条件がすべての指定した値と一致する必要がある場合はこのオプションをオフにしてください。

  8. 変更を保存します。

ネットワークロケーションの記述ごとに新しい切り替えルールが作成されます。ルールの条件が満たされるたびに、ネットワークエージェントはルールで指定された接続プロファイルを使用して管理サーバーに接続します。

関連項目:

ネットワークエージェントの別の管理サーバーへの切り替えについて

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。