Kaspersky Security Center Linux への移行について

2024年3月18日

ID 242964

このシナリオに従うと、Kaspersky Security Center Linux の管理下で Kaspersky Security Center Windows から、管理対象デバイスとその他のグループオブジェクト(ポリシー、タスク、グローバルタスク、タグ、およびデバイスの抽出)を含む管理グループ構造を転送できます。

制限事項:

  • Kaspersky Security Center 14.2 Windows から Kaspersky Security Center 15.0 Linux への移行のみ可能です。
  • このシナリオは、Kaspersky Security Center Web コンソールを使用してのみ実行できます。

始める前に、Kaspersky Security Center Linux の機能と制限事項について確認してください:

実行するステップ

移行シナリオは段階的に進行します:

  1. 移行方法を選択します

    Kaspersky Security Center Linux への移行は、移行ウィザードを使用して行います。移行ウィザードの手順は、Kaspersky Security Center Windows および Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーが階層に配置されているかどうかによって異なります:

    • 管理サーバーの階層を使用した移行

      Kaspersky Security Center Windows の管理サーバーが Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーのセカンダリとして機能する場合は、このオプションをオンにします。移行プロセスの管理とサーバーの切り替えは、Kaspersky Security Center Web コンソールの単一インスタンス内で行います。このオプションを使用する場合は、管理サーバーを階層構造にまとめて、移行手順を簡素化できます。これを行うには、移行を開始する前に階層を作成します。

    • エクスポートファイル(ZIP アーカイブ)を使用した移行

      Kaspersky Security Center Windows と Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーが階層化されていない場合は、このオプションをオンにします。移行プロセスの管理には、Kaspersky Security Center Web コンソールの 2 つのインスタンス (Kaspersky Security Center Windows 用のインスタンスと Kaspersky Security Center Linux 用のインスタンス)を使用します。この場合、Kaspersky Security Center Windows からのエクスポート中に作成およびダウンロードしたエクスポートファイル(ZIP アーカイブ)を使用し、このファイルを Kaspersky Security Center Linux にインポートします。

  2. Kaspersky Security Center Windows からのデータのエクスポート

    Kaspersky Security Center Windows を開き、移行ウィザードを実行します。

  3. Kaspersky Security Center Linux へのデータのインポート

    移行ウィザードを続行して、エクスポートされたデータを Kaspersky Security Center Linux にインポートします。サーバーが階層に配置されている場合、同じウィザード内でエクスポートが成功する時、インポートが自動的に開始されます。サーバーが階層に配置されていない場合は、Kaspersky Security Center Linux に切り替えた後、移行ウィザードを続行します。

  4. 追加の操作を実行することで、Kaspersky Security Center Windows から Kaspersky Security Center Linux にオブジェクトと設定を手動で転送します(任意のステップ)

    移行ウィザードによる転送できないオブジェクトと設定も転送したい場合があります。たとえば、さらに次のことを実行できます:

  5. インポートされた管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に移動する

    移行を完了するには、インポートされた管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に移動します。Kaspersky Security Center Linux の現在のバージョンでは、次のいずれかの方法でこれを行うことができます:

  6. ネットワークエージェントを最新バージョンにアップデートします

    Network Agent for Linux を Kaspersky Security Center と同じバージョンにアップグレードすることを推奨します。

  7. 管理対象デバイスが新しい管理サーバーに表示されることを確認します

    Kaspersky Security Center Linux 管理サーバーで、管理対象デバイスのリスト([デバイス]→[管理対象デバイス])を開き、 [可視]、[ネットワークエージェントがインストールされています]および[前回の管理サーバーへの接続]列の値を確認します。

データ移行のその他の方法

移行ウィザードのほかに、特定のタスクとポリシーを転送することもできます:

関連項目:

Kaspersky Security Center Windows からのグループオブジェクトのエクスポート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。