ポリシーの全般的な設定

2024年2月14日

ID 45856

すべて表示 | すべて非表示

全般

全般]セクションでは、ポリシーステータスの変更や、継承するポリシー設定の指定が可能です:

  • ポリシーのステータス]セクションで、ポリシーのステータスを選択します:
    • アクティブポリシー
    • モバイルユーザーポリシー
    • 非アクティブポリシー
  • 設定の継承]セクションでは、ポリシーの継承を設定できます。
    • 親ポリシーから設定を継承する
    • 設定を子ポリシーへ強制的に継承させる

イベントの設定

イベントの設定]セクションでは、イベントの記録と通知を設定できます。イベントは、重要度に応じて次のタブに分類されます:

  • 緊急

    緊急]タブは、ネットワークエージェントのポリシーのプロパティに表示されません。

  • 機能エラー
  • 警告
  • 情報

それぞれのタブのリストには、イベントの種別と、管理サーバーでイベントが保存される既定の日数が表示されます。[プロパティ]をクリックすると、リストで選択したイベントについてのイベントログとイベント通知を設定できます。既定では、すべてのイベントで、管理サーバー全体を対象に指定された共通の通知設定が使用されます。しかしながら、目的のイベント種別の特定の設定を変更できます。

たとえば、[警告]タブで、イベント種別[インシデントが発生しました]を設定できます。このようなイベントは、たとえばディストリビューションポイントのディスク空き容量が 2 GB 未満の場合などに発生します(アプリケーションのインストール、アップデートのダウンロードをリモートで実行するには、少なくとも 4 GB が必要となります)。[インシデントが発生しました] イベントを設定するには、イベントを選択して[プロパティ ]をクリックします。その後、発生したイベントの保存場所とその通知方法を指定できます。

ネットワークエージェントがインシデントを検出した場合は、管理対象デバイスの設定を使用してこのインシデントを管理できます。

複数のイベント種別を選択するには、SHIFT キーか CTRL キーを使用します。すべての種別を選択するには、[すべて選択]を使用します。

関連項目:

ウイルスアウトブレイクの制御

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。