アプリケーションの最新バージョンの取得

2024年2月14日

ID 55959

Kaspersky Security Center で、カスペルスキーのサーバー上に保存されている法人向け製品の最新版を取得できます。

カスペルスキーの法人向け製品の最新バージョンを取得するには:

  1. 次のいずれかの手順を実行します:
    • コンソールツリーで、目的の管理サーバーの名前の付いたフォルダーを選択します。[監視]タブが選択されていることを確認し、[製品の導入]セクションで、[カスペルスキー製品の新しいバージョンが入手可能です]をクリックします。

      カスペルスキー製品の新しいバージョンが入手可能です]は、カスペルスキーのサーバー上でアプリケーションの最新バージョンが見つかった時点で表示されます。

    • コンソールツリーで、[詳細]→[リモートインストール]→[インストールパッケージ]の順に選択し、作業領域で[その他の操作]をクリックして、ドロップダウンリストから[カスペルスキー製品の現在のバージョンの表示]を選択します。

    カスペルスキー製品の、現在のバージョンのリストが表示されます。

  2. カスペルスキー製品のリストをフィルタリングして、必要な製品を検索しやすくできます。

    現在入手可能な製品バージョン]ウィンドウの上部にある[フィルター]をクリックして、次の条件で製品のリストをフィルタリングします:

    • コンポーネント:この条件を使用して、ネットワークで使用されている保護領域でカスペルスキー製品のリストをフィルタリングします。
    • ダウンロードされたソフトウェアの種別:この条件を使用して、カスペルスキー製品のリストを製品の種別でフィルタリングします。
    • 表示するソフトウェアとアップデート:この条件を使用して、使用可能なカスペルスキー製品を特定のバージョン別に表示します。
    • ソフトウェアおよびアップデートを表示する言語:この条件を使用して、特定のローカライズ言語でカスペルスキー製品を表示します。

    適用する]をクリックして、選択したフィルターを適用します。

  3. リストから目的のアプリケーションを選択します。
  4. 配布パッケージの URL]内のリンクをクリックし、アプリケーションの配布パッケージをダウンロードします。

    管理対象の製品のアップデートには、Kaspersky Security Center の特定の最小バージョンをインストールする必要がある場合があります。この最小バージョンが現在のバージョンよりも新しい場合、これらのアップデートは表示されますが、承認はできません。また、Kaspersky Security Center をアップグレードするまでは、このようなアップデートからインストールパッケージを作成することもできません。Kaspersky Security Center インスタンスを必要な最小バージョンにアップグレードするように要求されます。

選択したアプリケーションに対して[アプリケーションのダウンロードとインストールパッケージの作成]が表示されている場合、このボタンをクリックすると、アプリケーション配布パッケージをダウンロードしインストールパッケージを自動的に作成することができます。Kaspersky Security Center により、そのインストール時に指定した管理サーバーの共有フォルダーにアプリケーションの配布パッケージがダウンロードされます。自動作成されたインストールパッケージは、コンソールツリーの[リモートインストール]フォルダーにある[インストールパッケージ]サブフォルダーに表示されます。

現在入手可能な製品バージョン ]ウィンドウを閉じた後、[カスペルスキー製品の新しいバージョンが入手可能です ]は[製品の導入 ]セクションに表示されなくなります。

アプリケーションの新規バージョンのインストールパッケージを作成して、この新しいインストールパッケージをコンソールツリーの[リモートインストール]フォルダーの[インストールパッケージ]サブフォルダーで管理することができます。

現在入手可能な製品バージョン]ウィンドウは、[インストールパッケージ]フォルダーの作業領域で[カスペルスキー製品の現在のバージョンの表示]をクリックする方法でも開けます。

関連項目:

サードパーティのセキュリティ製品からの移行とアンインストールの実施

リモートインストールタスクを使用したアプリケーションのインストール

リモートインストールウィザードを使用したアプリケーションのインストール

製品導入レポートの確認

管理プラグインの使用

アプリケーションのリモート削除

インストールパッケージの使用

リモートインストールのための Windows デバイスの準備:Riprep ユーティリティ

Linux デバイスの準備と Linux デバイスへのネットワークエージェントのリモートインストール

ネットワークエージェントのリモートインストール用の macOS デバイスの準備

インストールパッケージの作成

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。