Exchange ActiveSync モバイルデバイスの管理

2024年2月14日

ID 64779

このセクションでは、Kaspersky Security Center を使用して EAS デバイスを管理するための機能を詳細に説明しています。

コマンドを用いた EAS デバイスの管理に加えて、管理者は次のオプションを使用できます:

  • EAS デバイスの管理プロファイルの作成とユーザーのメールボックスへの割り当てEAS デバイスの管理プロファイルは Exchange ActiveSync のポリシーで、EAS デバイスを管理するために、Microsoft Exchange サーバー上で使用されます。EAS デバイス管理プロファイルでは、次のグループを設定できます:
    • ユーザーのパスワードの管理設定
    • メールの同期設定
    • モバイルデバイス機能の使用を制限する設定
    • モバイルデバイスのモバイルアプリケーションの使用を制限する設定

    モバイルデバイスのモデルに応じて、管理プロファイルの設定は部分的に適用できます。適用済みの Exchange ActiveSync ポリシーのステータスは、モバイルデバイスのプロパティで確認できます。

  • EAS デバイス管理の設定に関する情報の表示:たとえば管理者は、モバイルデバイスのプロパティで、Microsoft Exchange サーバーとの前回の同期時刻、EAS デバイスの ID、Exchange ActiveSync ポリシーの名前とモバイルデバイス上での現在のステータスを確認できます。
  • 使用されていない場合における管理からの EAS デバイスの切断
  • Exchange モバイルデバイスサーバーによる Active Directory のポーリングの設定を定義します。これにより、ユーザーのメールボックスとモバイルデバイスの情報を更新できます。

このセクションの内容

管理プロファイルの追加

管理プロファイルの削除

Exchange ActiveSync ポリシーの処理

スキャン範囲の設定

EAS デバイスの操作

EAS デバイスに関する情報の表示

管理からの EAS デバイスの切断

Exchange ActiveSync モバイルデバイスを管理するためのユーザーの権限

関連項目:

シナリオ:モバイルデバイス管理の導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。