管理対象デバイスのリスト:列の説明

2024年3月18日

ID 82113

次の表は、管理対象デバイスのリストの列について、名前とそれぞれの説明を示しています。

管理対象デバイスのリストの列の説明

列名

名前

クライアントデバイスの NetBIOS 名。デバイス名のアイコンに関する説明は、補足情報にあります。

OS の種別

クライアントデバイスにインストールされているオペレーティングシステムの種別

Windows ドメイン

クライアントデバイスが配置されている Windows ドメインの名前

ネットワークエージェントがインストールされています

クライアントデバイスでのネットワークエージェントインストールの結果(はいいいえ不明

ネットワークエージェントが実行中です

ネットワークエージェントの操作の結果(はいいいえ不明

リアルタイム保護

セキュリティ製品がインストールされています(はいいいえ不明

前回の管理サーバーへの接続

クライアントデバイスが管理サーバーに接続されてから経過した期間

前回の保護機能のアップデート

管理対象デバイスの最終更新時刻から経過した時間範囲

ステータス

クライアントデバイスの現在のステータス(OK、緊急、警告

ステータスの説明

クライアントデバイスのステータスを[緊急]または[警告]変更した理由

デバイスのステータスは、次の理由により[警告]または[緊急]に変更されます:

  • セキュリティ製品がインストールされていません
  • ウイルスが多数検知されました
  • リアルタイム保護レベルが管理者の設定と異なります
  • マルウェアスキャンが長期間実行されていません。
  • 定義データベースがアップデートされていません
  • 長期間接続されていません
  • アクティブな脅威を検知しました
  • 再起動が必要です
  • 競合アプリケーションがインストールされています
  • ソフトウェアの脆弱性が検知されました
  • Windows Update 更新プログラムのチェックが長期間実行されていません
  • 暗号化ステータスが無効です
  • モバイルデバイスの設定がポリシーに適合していません
  • 未処理のインシデントが検出されました
  • 製品が定義したデバイスのステータス
  • デバイスに空き容量がありません
  • ライセンスの有効期間がまもなく終了します

    デバイスのステータスは、次の理由により[緊急]に変更されます:

  • ライセンスの有効期間が終了しました
  • デバイスが管理対象外になりました
  • プロテクションが無効です
  • セキュリティ製品が実行されていません

クライアントデバイス上の管理対象のカスペルスキー製品が、リストにステータスの説明を追加することがあります。Kaspersky Security Center は、クライアントデバイスにインストールされた管理対象カスペルスキー製品からクライアントデバイスのステータスの説明を受け取ることができます。管理対象製品によってデバイスに割り当てられたステータスが Kaspersky Security Center によって割り当てられたものと異なる場合、管理コンソールは、そのデバイスのセキュリティにとって最も重要度が高いステータスを表示します。たとえば、管理対象製品がデバイスに[緊急]ステータスを割り当て、Kaspersky Security Center が[警告]ステータスを割り当てた場合、管理コンソールはそのデバイスを[緊急]ステータスにし、管理対象製品から提供された詳細を表示します。

前回の情報更新

クライアントデバイスと管理サーバーが前回正常に同期(最後にネットワークスキャン)されてから経過した期間。

DNS 名

クライアントデバイスの DNS ドメイン名

DNS ドメイン

メインの DNS サフィックス

IP アドレス

クライアントデバイスの IP アドレス。IPv4 アドレスを使用してください。

前回の可視

クライアントデバイスがネットワークで可視状態だった期間

前回の完全スキャン

ユーザーの要求に基づきセキュリティ製品が実行したクライアントデバイスの前回のスキャンの日時

検知した脅威の数

検知された脅威の数。

リアルタイム保護のステータス

リアルタイム保護のステータス(開始中、実行中、実行中(最大レベル)、実行中(速度重視)、実行中(推奨レベル)、実行中(カスタマイズされた設定)、停止、一時停止、失敗

接続 IP アドレス

Kaspersky Security Center 管理サーバーへの接続に使用される IP アドレス

ネットワークエージェントのバージョン

ネットワークエージェントのバージョン

アプリケーションのバージョン

クライアントデバイスにインストールされているセキュリティ製品のバージョン

定義データベースの前回のアップデート日

定義データベースのバージョン

システムの前回の起動

前回クライアントデバイスの電源を入れた日時

再起動が必要です

クライアントデバイスの再起動が必要

ディストリビューションポイント

このクライアントデバイスに対するディストリビューションポイントとして動作するデバイスの名前

説明

ネットワークスキャンにより取得したクライアントデバイスの説明

暗号化ステータス

クライアントデバイスのデータ暗号化ステータス

Windows Update エージェントのステータス

クライアントデバイスの Windows Update エージェントのステータス

はい]の場合は、クライアントデバイスが管理サーバーから Windows Update を使用して更新プログラムを取得していることを示します。

いいえ]の場合は、クライアントデバイスが他のソースから Windows Update を使用して更新プログラムを取得していることを示します。

OS のビット数

クライアントデバイスにインストールされているオペレーティングシステムのビットサイズ

スパムからの保護ステータス

スパム保護のステータス(実行中、開始中、停止、一時停止、失敗、デバイスからのデータなし)

データ漏洩対策のステータス

データ漏洩対策のステータス(実行中、開始中、停止、一時停止、失敗、デバイスからのデータなし)

コラボレーションサーバーの保護ステータス

コンテンツフィルタリングのステータス(実行中、開始中、停止、一時停止、失敗、デバイスからのデータなし)

メールサーバーの保護ステータス

メールサーバーの保護のステータス(実行中、開始中、停止、一時停止、失敗、デバイスからのデータなし)

Endpoint Sensor ステータス

Endpoint Sensor ステータス(実行中、開始中、停止、一時停止、失敗、デバイスからのデータなし)

作成日

 

<デバイス名> アイコンが作成された日時この属性は、様々なイベントを相互に比較するために使用されます。

 

仮想管理サーバーまたはセカンダリ管理サーバーの名前

 

仮想管理サーバーまたはセカンダリ管理サーバーの名前:この列は、異なる管理サーバーのデバイスが含まれるリストでのみ使用できます。

親グループ

 

 

<デバイス名> アイコンが表示される管理グループの名前。この列は、異なる管理サーバーのデバイスが含まれるリストでのみ使用できます。

別の管理サーバーの管理対象

 

このパラメータは、次のいずれかの値を取ることができます:

  • True:デバイスへのセキュリティ製品のリモートインストール中に、そのデバイスが別の管理サーバーによって管理されていることが判明した場合。
  • False:それ以外の場合。

OS のビルド

 

 

オペレーティングシステムのビルド番号です。選択したオペレーティングシステムのビルド番号が、入力したビルド番号と「等しい」「それより古い」「それより新しい」かを指定して検索できます。また、指定したビルド番号を除くすべてのビルド番号を検索するようにも設定できます。

 

OS のリリース ID

 

オペレーティングシステムのリリース ID です。選択したオペレーティングシステムのリリース ID が、入力したリリース ID と「等しい」「それより古い」「それより新しい」かを指定して検索できます。また、指定したリリース ID を除くすべてのリリース ID を検索するようにも設定できます。

 

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。