iOS MDM サーバー

2024年2月14日

ID 92389

iOS MDM サーバーでは、iOS デバイスに専用 iOS MDM プロファイルをインストールすることにより、iOS デバイスを管理できます。次の機能がサポートされています:

  • デバイスのロック
  • パスワードのリセット
  • データ消去
  • アプリのインストールまたは削除
  • 詳細設定による iOS MDM プロファイルの使用(VPN 設定、メール通知の設定、Wi-Fi 設定、カメラ設定、証明書など)

iOS MDM サーバーは、TLS ポート(既定では、ポート 443)を介してモバイルデバイスから受信接続を受け取る Web サービスです。これは、ネットワークエージェントを使用して Kaspersky Security Center で管理されます。ネットワークエージェントは、iOS MDM サーバーが導入されているデバイスにローカルにインストールされます。

iOS MDM サーバーの導入時、管理者は次の処理を実行する必要があります:

  • ネットワークエージェントに対する管理サーバーへのアクセス権限の提供
  • モバイルデバイスに対する iOS MDM サーバーの TCP ポートへのアクセス権限の提供

このセクションでは、iOS MDM サーバーの 2 つの標準設定について説明します。

このセクションの内容

標準設定:DMZ 内の Kaspersky Device Management for iOS

標準設定:組織のローカルネットワーク内の iOS MDM サーバー

関連項目:

主要なインストールシナリオ

Kaspersky Security Center で使用するポート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。