リモートインストールタスクに含まれるデバイス再起動を管理する

2024年3月18日

ID 92466_1

アプリケーションのリモートインストールを完了するには(特に Windows では)、通常はデバイスの再起動が必要です。

Kaspersky Security Center のリモートインストールタスクを使用する場合、新規タスクウィザード、または作成したタスクのプロパティウィンドウ([OS の再起動]セクション)で、Windows デバイスに再起動が必要な際に実行する以下の操作を選択できます:

  • デバイスを再起動しない:自動再起動は実行されません。インストールを完了するには、デバイスを再起動する必要があります(手動で、またはデバイスの管理タスクを使用して)。必要な再起動についての情報は、タスク履歴とデバイスのステータスに保存されます。このオプションは、サーバーや、継続的な操作が不可欠なその他のデバイスのインストールタスクに適切です。
  • デバイスを再起動する:インストールの完了に再起動が必要な場合は常に、デバイスは自動的に再起動されます。このオプションは、定期的に操作が一時停止(シャットダウンまたは再起動)されるデバイスのインストールタスクに有用です。
  • ユーザーに処理を確認する:手動での再起動を要求する再起動リマインダーがクライアントデバイスの画面に表示されます。このオプションで、いくつかの詳細設定を定義可能です:ユーザーに表示されるメッセージテキスト、メッセージの表示頻度、(ユーザーの確認なしに)再起動が強制実行されるまでの時間。[ユーザーに処理を確認する]は、ユーザーにとって最も好都合な時間に再起動できることが要求されるワークステーションに最適です。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。