Microsoft Update フォルダーをクリーンアップする方法(Kaspersky Security Center)

更新日: 2022年08月15日 Article ID: 15304
 
 
 
 

対象製品:

  • Kaspersky Security Center 14 (バージョン 14.0.0.10902)
  • Kaspersky Security Center 13.2 (バージョン 13.2.0.1511)
  • Kaspersky Security Center 13.1 (バージョン 13.1.0.8324)
  • Kaspersky Security Center 13 (バージョン 13.0.0.11247)
  • Kaspersky Security Center 12 (バージョン 12.2.0.4376)
  • Kaspersky Security Center 12 (バージョン 12.0.0.7734)
  • Kaspersky Security Center 11 (バージョン 11.0.0.1131)
 
 
 
 

Kaspersky Security Center を WSUS サーバーとして使用している場合、次のフォルダーのサイズが徐々に増えます:

  • C:\ProgramData\KasperskyLab\adminkit\1093\.working\FTServer
  • C:\ProgramData\KasperskyLab\adminkit\1093\.working\wusfiles 

フォルダーの中身を削除してディスク領域を解放するには:

  1. Kaspersky Security Center の画面を開きます。
  2. [ 詳細 ] - [ アプリケーションの管理 ] - [ ソフトウェアのアップデート ] の順に移動します。
  3. 全フィルターをクリアします。[ デバイス上に未インストール ] フィルターは、デフォルトで > 0 に設定されてます。

Opening the Software updates section and clearing filters in Kaspersky Security Center 11

  1. Ctrl キー + A キー を押し、全てのアップデートを選択します。
  2. 右クリックし、[ アップデートファイルを削除 ] を選択します。 

Deleting update files in Kaspersky Security Center 11

アップデートファイルが削除用キューに入ります。管理サーバーの状態によっては、削除完了までに時間がかかる場合があります。 

アップデート情報は管理コンソール上で引き続き利用できます。フィルタを使用して、特定の更新をリストから除外できます。 

FTServer フォルダー 及び wusfiles フォルダーをクリアしても、一時的な効果しかありません。新しいアップデートがダウンロードされると、フォルダーのサイズが増えます。 

 
 
 
 
 
この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。