Kaspersky Security Center でリモートインストールパッケージを作成する方法

更新日: 2023年03月22日 Article ID: 10625
 
 
 
 
対象製品:
  • Kaspersky Security Center 14(バージョン 14.0.0.10902)
  • Kaspersky Security Center 13.2(バージョン 13.2.0.1511)
  • Kaspersky Security Center 13.1(バージョン 13.1.0.8324)
  • Kaspersky Security Center 13(バージョン 13.0.0.11247)
  • Kaspersky Security Center 12(バージョン 12.0.0.7734)
 
 
 
 

Kaspersky Security Center では、管理対象のコンピューターのグループに対して、ソフトウェアをリモートインストールできます。リモートインストールの場合、次のいずれか 1 種類のインストールパッケージを作成します:

  • 拡張子が KUD または KPD の構成ファイルに基づくカスペルスキー製品のインストールパッケージ。以下のガイド を参照してください。
  • 拡張子が MSI、EXE、MSP、BAT、または CMD のファイルに基づくインストールパッケージ。以下のガイド を参照してください。
  • カスペルスキーのデータベースから作成した製品のインストールパッケージ。以下のガイド を参照してください。
  • オペレーティングシステムのイメージで作られたインストールパッケージ。以下のガイド を参照してください。

インストールパッケージを作成する前に、Kaspersky Security Center のインターフェイス設定で [ 脆弱性とパッチ管理の表示 ] オプションが有効になっていることを確認してください。手順については オンラインヘルプ ページを参照してください。

 
 
 
 

カスペルスキー製品のインストールパッケージを作成する方法

 
 
 
 

サードパーティ製のアプリケーションのインストールパッケージを作成する方法

 
 
 
 

オペレーティングシステムの参照イメージを作成する方法

 
 
 
 
 
この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。