ネットワークエージェントのディスククローンモード

2024年3月18日

ID 115004

新しいデバイスにソフトウェアをインストールする際、基準となるデバイスのハードディスクを複製する方法が一般的です。基準となるデバイスのハードディスク上でネットワークエージェントが標準モードで動作していると、次の問題が発生します:

新しいデバイス上に、ネットワークエージェントを含む基準ディスクイメージが導入されると、管理コンソール上ではそれらのデバイスが 1 つのアイコンとして表示されます。この問題は、管理サーバーが管理コンソール上でデバイスとアイコンを関連付けるために使用する内部データが、複製の結果として新しいデバイスで同一になるために発生します。

ネットワークエージェントのディスククローンモードを使用すると、複製後、管理コンソール上での新しいデバイスの表示の問題を回避できます。新しいデバイスに、ディスクを複製してネットワークエージェントとソフトウェアを導入する場合はこのモードを使用します。

ディスククローンモードでは、ネットワークエージェントは動作を継続しますが、管理サーバーには接続しません。ネットワークエージェントは、クローンモードを終了する時に、管理コンソール上で管理サーバーが複数のデバイスを単一のアイコンに関連付ける原因となる内部データを削除します。基準デバイスのイメージの複製が完了すると、新しいデバイスが管理コンソール上で正しく(個別のアイコンで)表示されます。

ネットワークエージェントのディスククローンモードの使用シナリオ

  1. 基準となるデバイスにネットワークエージェントをインストールします。
  2. ネットワークエージェントの管理サーバーへの接続を klnagchk ユーティリティを使用して確認します。
  3. ネットワークエージェントのディスククローンモードを有効にします。
  4. ソフトウェアとパッチをデバイスにインストールし、必要な回数再起動します。
  5. 基準デバイスのハードディスクを必要な数のデバイス上に複製します。
  6. 複製されたコピーは次の条件を満たす必要があります:
    1. デバイス名を変更する必要があります。
    2. デバイスを再起動する必要があります。
    3. ディスククローンモードを無効にする必要があります。

Klmover ユーティリティを使用したディスククローンモードの有効化および無効化

ネットワークエージェントのディスククローンモードを有効または無効にするには:

  1. ネットワークエージェントがインストールされた複製元デバイス上で klmover ユーティリティを実行します。

    Klmover ユーティリティはネットワークエージェントのインストールフォルダーにあります。

  2. ディスククローンモードを有効にするには、Windows コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します:klmover -cloningmode 1

    ネットワークエージェントがディスククローンモードに切り替わります。

  3. ディスククローンモードの現在のステータスを要求するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します:klmover -cloningmode

    ユーティリティウィンドウに、ディスククローンモードが有効か無効かが表示されます。

  4. ディスククローンモードを無効にするには、ユーティリティのコマンドラインで次のコマンドを入力します:klmover -cloningmode 0

関連項目:

デバイスのイメージの取得とコピーを使用した導入

オペレーティングシステムのイメージを作成するために、ネットワークエージェントがインストールされた基準デバイスを準備する

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。