未処理ファイルのディスクへの保存

2024年2月14日

ID 12594

Kaspersky Security Center では、クライアントデバイスで検知された未処理ファイルのコピーをディスクに保存できます。ファイルは、Kaspersky Security Center がインストールされているデバイスの特定のフォルダーにコピーされます。

駆除中に削除または変更されたファイルのコピーが管理対象デバイス上の Kaspersky Endpoint Security for Windows ストレージに保存されている場合、それらのコピーのみを保存できます。

未処理ファイルのコピーをディスクに保存するには:

  1. コンソールツリーで、[リポジトリ]フォルダーの[アクティブな脅威]サブフォルダーを選択します。
  2. アクティブな脅威]フォルダーの作業領域で、ディスクにコピーするファイルを選択します。
  3. 次のいずれかの方法で、コピーを開始します:
    • ファイルのコンテキストメニューから[ディスクに保存]を選択します。
    • 選択したファイルの情報ボックスで、[ディスクに保存]をクリックします。

未処理ファイルが検知されたクライアントデバイスにインストールされているセキュリティ製品によって、指定のフォルダーにファイルのコピーが保存されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。