ディストリビューションポイントによるアップデートのダウンロード

2024年3月18日

ID 13460

Kaspersky Security Center では、ディストリビューションポイントはアップデートを管理サーバー、カスペルスキーのサーバー、ローカルまたはネットワークフォルダーから取得できます。

ディストリビューションポイントによるアップデートのダウンロードを設定するには:

  1. コンソールツリーで、[管理サーバー]フォルダーを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウの[ディストリビューションポイント]セクションで、グループ内のクライアントデバイスにアップデートを配信するディストリビューションポイントを選択します。
  4. プロパティ]をクリックして、選択したディストリビューションポイントのプロパティウィンドウを開きます。
  5. ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウで、[アップデート元]セクションを選択します。
  6. ディストリビューションポイントのアップデート元を選択します:
    • ディストリビューションポイントが管理サーバーからアップデートを取得できるようにするには、[管理サーバーから取得]をオンにします。
    • このタスクを使用してディストリビューションポイントがアップデートを受信できるようにするには、[アップデートの強制ダウンロードタスクを使用]をオンにします:
      • そのようなタスクが既にデバイスに存在している場合、[参照]をクリックし、表示される一覧でタスクを選択します。
      • そのようなタスクがデバイスに存在しない場合、[新規タスク]をクリックし、タスクを作成します。新規タスクウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。

      ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロードタスクはローカルタスクです。ディストリビューションポイントとして動作するデバイスごとに新規のタスクを作成する必要があります。

ディストリビューションポイントは指定されたアップデート元からアップデートを取得します。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。