モバイルデバイス管理の有効化

2024年3月18日

ID 148239

すべて表示 | すべて非表示

モバイルデバイスを管理するには、モバイルデバイス管理を有効にする必要があります。この機能をクイックスタートウィザードで有効にしなかった場合でも、後で有効にすることができます。モバイルデバイス管理を使用するにはライセンスが必要です

モバイルデバイス管理の有効化は、プライマリ管理サーバーでのみ利用できます。

モバイルデバイス管理を有効にするには:

  1. コンソールツリーで、[モバイルデバイス管理]フォルダーを開きます。
  2. フォルダーの作業領域で[モバイルデバイス管理を有効にする]をクリックします。このボタンは、[モバイルデバイス管理]をオンにしていない場合に使用可能になります。

    管理サーバークイックスタートウィザードの[追加コンポーネント]ページが表示されます。

  3. モバイルデバイスを管理するために、[モバイルデバイス管理を有効にする]を選択します。
  4. アプリケーションのアクティベーション方法の選択]ウィンドウで、ライセンス情報ファイルまたはアクティベーションコードを使用してアプリケーションをアクティベートします。

    モバイルデバイスの管理は、モバイルデバイス管理機能をアクティベートしないと開始できません。

  5. インターネットへの接続時にプロキシサーバーを使用する場合は、[インターネットへのアクセス用のプロキシサーバー設定]ウィンドウで[プロキシサーバーを使用する]をオンにします。このチェックボックスをオンにすると、設定を入力するフィールドが使用可能になります。プロキシサーバーの接続には、次の設定を行います:
  6. プラグインとインストールパッケージのアップデートを確認する]ウィンドウで、次のいずれかのオプションをオンにします:
    • プラグインとインストールパッケージが最新であるかどうか確認する
    • 確認しない

      プラグインのアップデートの確認を省略すると、アプリケーションが適切に動作しなくなる可能性があります。

  7. プラグインの利用可能な最新のバージョン]ウィンドウで、適切な言語の最新バージョンのプラグインをダウンロードしてインストールしてください。プラグインを更新するには、ライセンスは必要ありません。

    プラグインとパッケージのインストール後、モバイルデバイスを正しく機能させるために必要なプラグインがすべてインストールされたかどうかが確認されます。古いバージョンのプラグインが検出されると、最新のバージョンをダウンロードして、古いバージョンを置き換えるように指示するメッセージが表示されます。

  8. モバイルデバイス接続設定]ウィンドウで、管理サーバーのポートを設定します。

ウィザードが完了すると、次の変更が行われます:

  • Kaspersky Endpoint Security for Android のポリシーが作成されます。
  • Kaspersky Device Management for iOS のポリシーが作成されます。
  • 管理サーバーでモバイルデバイス用のポートが開かれます。

関連項目:

シナリオ:モバイルデバイス管理の導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。