ステップ 8:アップデート管理の設定

2024年5月20日

ID 148999

すべて表示 | すべて非表示

クライアントデバイスにインストールされたアプリケーションのアップデートを管理するための設定を行います。

これらの設定は、脆弱性とパッチ管理機能を利用できるライセンスを適用している場合にのみ設定できます。

アップデートを検索してインストール]セクションで、Kaspersky Security Center を検索してインストールする方法を選択できます。

  • 必要なアップデートの検索
  • 必要なアップデートの検索とインストール

Windows Server Update Services]セクションで、アップデートの同期元を選択できます:

  • ドメインポリシーで定義されたアップデート元を使用する
  • 管理サーバーを WSUS サーバーとして使用する

クイックスタートウィザードとは別に、[脆弱性と必要な更新プログラムの検索]および[必要な更新プログラムのインストールと脆弱性の修正]タスクを作成できます。管理サーバーを WSUS サーバーとして使用するには、[Windows Update の同期の実行]タスクを作成してから、ネットワークエージェントのポリシーで[管理サーバーを WSUS サーバーとして使用する]をオンにする必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。