オブジェクトリビジョンと削除されたオブジェクトの情報の保存期間の設定

2024年6月17日

ID 171898

オブジェクトリビジョンの保存期間と削除されたオブジェクトの情報の保存期間は同じです。既定では、保存期間は 90 日です。これは、プログラムの定期的な監査にとって十分な期間となります。

削除されたオブジェクト]領域で[変更]権限を付与されたユーザーだけが保存期間を変更できます。

オブジェクトリビジョンと削除されたオブジェクトの情報の保存期間を変更するには:

  1. コンソールツリーで、保存期間を変更する管理サーバーを選択します。
  2. 右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択する。
  3. 表示される管理サーバーのプロパティウィンドウの[変更履歴リポジトリ]セクションで、希望する保存期間を入力します(日単位)。
  4. OK]をクリックします。

オブジェクトリビジョンと削除されたオブジェクトの情報が、指定した日数保存されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。