アダプティブアノマリーコントロールルールから除外に追加

2024年3月18日

ID 173182

除外の追加ウィザードを使用して、Kaspersky Endpoint Security のアダプティブアノマリーコントロールルールに除外を追加できます。

次の 3 つの方法のうちいずれかを使用してウィザードを開始できます。

アダプティブアノマリーコントロールノードから除外の追加ウィザードを開始するには:

  1. コンソールツリーで、目的の管理サーバーのフォルダーを選択します。
  2. スマートトレーニングでのルールの適用状況]を選択します(既定では[詳細]→[リポジトリ]のサブフォルダーとして含まれます)。
  3. 作業領域の検知結果のリストで任意の要素(または複数の要素)を右クリックして、[除外に追加]を選択します。

    1 回につき最大 1000 個の除外を追加できます。上限を超える要素を選択して除外に追加しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

除外の追加ウィザードが起動します。

コンソールツリーの別のノードから除外の追加ウィザードを開始できます:

  • 管理サーバーのメインウィンドウの[イベント]タブで(抽出イベントとして[ユーザー要求]と[最近のイベント]を使用します)
  • アダプティブアノマリーコントロールルールの状態に関するレポートの[検知数]列

このセクションの内容

ステップ 1:アプリケーションの選択

ステップ 2:ポリシーの選択

ステップ 3:ポリシーの処理

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。