検知されたソフトウェアの脆弱性への非対応の判断

2024年6月17日

ID 184132

必要に応じて、検知されたソフトウェア脆弱性を無視することもできます。ソフトウェア脆弱性に対応しない理由として、次が考えられます:

  • 管理者として、該当するソフトウェアの脆弱性が組織内で緊急なものではないと判断した場合。
  • 脆弱性の修正を適用すると、該当するソフトウェアでデータの破損などが生じる可能性があることが判明した場合。
  • 管理者として、管理対象デバイスを保護する別の対策を使用しているため、ソフトウェア脆弱性が組織ネットワークにとって危険ではないと判断した場合。

すべてのデバイス上または選択した特定のデバイス上で、ソフトウェア脆弱性を無視できます。

すべての管理対象デバイスで、特定のソフトウェア脆弱性に対応せずに無視するには:

  1. メインメニューで、[操作]→[パッチの管理]→[ソフトウェアの脆弱性]の順に移動します。

    管理対象デバイスで検知されたソフトウェア脆弱性のリストが表示されます。

  2. ソフトウェア脆弱性のリストで、対応せずに無視する脆弱性の名前のリンクをクリックします。

    ソフトウェア脆弱性のプロパティウィンドウが開きます。

  3. 全般]タブで、[脆弱性を無視]をオンにします。
  4. 保存]をクリックします。

    ソフトウェア脆弱性のプロパティウィンドウが閉じます。

すべての管理対象デバイスで、対象のソフトウェア脆弱性が無視されます。

選択した管理対象デバイスで、特定のソフトウェア脆弱性に対応せずに無視するには:

  1. メインメニューで、[デバイス]→[管理対象デバイス]の順に移動します。

    管理対象デバイスのリストが表示されます。

  2. 管理対象デバイスのリストで、特定のソフトウェア脆弱性を無視するデバイスの名前のリンクをクリックします。

    デバイスのプロパティウィンドウが表示されます。

  3. デバイスのプロパティウィンドウで[詳細]タブを選択します。
  4. 左側のペインで、[ソフトウェアの脆弱性]セクションを選択します。

    デバイスで検知された脆弱性のリストが表示されます。

  5. ソフトウェア脆弱性のリストで、選択しているデバイス上で対応せずに無視する脆弱性を選択します。

    ソフトウェア脆弱性のプロパティウィンドウが開きます。

  6. ソフトウェア脆弱性のプロパティウィンドウの[全般]タブで、[脆弱性を無視]をオンにします。
  7. 保存]をクリックします。

    ソフトウェア脆弱性のプロパティウィンドウが閉じます。

  8. デバイスのプロパティウィンドウを閉じます。

選択したデバイスで、対象のソフトウェア脆弱性が無視されます。

無視することを選択したソフトウェアの脆弱性は、[脆弱性の修正]タスクまたは[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクが完了しても修正されません。脆弱性のリストで、無視することを選択した脆弱性をフィルターを使用して表示から除外することができます。

関連項目:

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。