フィルターの高度なフィルター形式への変換

2024年2月14日

ID 189734

レポートテンプレートの高度なフィルター形式は、Kaspersky Security Center 12 以降のバージョンでのみサポートされます。既定のフィルターを高度なフィルター形式に変換すると、レポートテンプレートはネットワーク上で古いバージョンの Kaspersky Security Center がインストールされている管理サーバーとの互換性がなくなります。これらの古いバージョンの管理サーバーからの情報は、高度なフィルター形式を使用するレポートに反映されません。

レポートテンプレートの既定のフィルターを高度なフィルター形式に変換するには:

  1. コンソールツリーで、目的の管理サーバーの名前の付いたフォルダーを選択します。
  2. フォルダーの作業領域で、[レポート]タブを選択します。
  3. レポートテンプレートのリストから、目的のレポートテンプレートを選択します。
  4. 選択したレポートテンプレートのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  5. プロパティウィンドウが開いたら、[フィールド]セクションを選択します。
  6. 詳細フィールド]タブで、[フィルターの変換]をクリックします。
  7. ウィンドウが表示されたら、[OK]をクリックします。

    高度なフィルター形式への変換を行ったレポートテンプレートで、この処理を元に戻すことはできません。[フィルターの変換]を誤ってクリックした場合、レポートテンプレートのプロパティウィンドウで[キャンセル]をクリックして、変換処理を実行しないようにしてください。

  8. 変更を適用するには、[OK]をクリックしてレポートテンプレートのプロパティウィンドウを閉じます。

    レポートテンプレートのプロパティウィンドウをもう一度開くと、新たに[フィルター]セクションが表示されるようになります。このセクションで、高度なフィルターを設定できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。