使用許諾契約書による同意の取り消し

2024年3月18日

ID 199089

一部のクライアントデバイスの保護を停止する場合、任意の管理対象カスペルスキー製品の使用許諾契約書(EULA)への同意を取り消すことができます。EULA への同意を取り消す前に、選択したアプリケーションをアンインストールする必要があります。

仮想管理サーバー上での EULA への同意は、仮想管理サーバーまたはプライマリ管理サーバーで取り消すことができます。プライマリ管理サーバー上での EULA への同意は、プライマリ管理サーバー上でしか取り消すことはできません。

管理対象のカスペルスキー製品の EULA を取り消すには:

  1. 管理サーバーのプロパティウィンドウを開き、[全般]タブの[使用許諾契約書]セクションに移動します。

    インストールパッケージの作成時、アップデートのシームレスインストール時、または Kaspersky Security for Mobile の導入時に同意した EULA のリストが表示されます。

  2. リストから、同意を取り消す EULA を選択します。

    EULA の以下のプロパティを確認できます:

    • EULA に同意した日付
    • EULA に同意したユーザーの名前
  3. EULA に同意した日付のうち任意のものをクリックし、次のデータが表示されるプロパティウィンドウを開きます:
    • EULA に同意したユーザーの名前
    • EULA に同意した日付
    • EULA の一意な識別子(UID)
    • EULA のテキスト
    • EULA に関連するオブジェクト、および各オブジェクトの名前と種別のリスト(インストールパッケージ、シームレスアップデート、モバイルアプリ)
  4. EULA のプロパティウィンドウの下部で、[使用許諾契約書への同意を取り消す]をクリックします。

    EULA への同意の取り消しを妨げるオブジェクト(インストールパッケージ、およびそのパッケージを使用するタスク)が存在する場合、そのオブジェクトに関する通知が表示されます。これらのオブジェクトを削除するまで、取り消しの動作を続行できません。

    表示されたウィンドウで、この EULA に対応するカスペルスキー製品を最初にアンインストールすることが必要であることが示されます。

  5. ボタンをクリックして取り消しを確定します。

これで EULA が取り消されました。[使用許諾契約書 ]セクションの使用許諾契約書のリストに表示されなくなります。EULA のプロパティウィンドウが閉じ、製品がインストールされなくなります。

関連項目:

管理対象アプリケーションのライセンスの管理

ライセンスの管理サーバーリポジトリへの追加

ライセンスのクライアントデバイスへの配信

ライセンスの自動配信

使用中のライセンスに関する情報の表示

リポジトリからのライセンスの削除

カスペルスキー製品のライセンスの更新

マーケットプレイスを使用してカスペルスキーのビジネスソリューションを選択する

Kaspersky Security Center 14.2 の機能のライセンス

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。