DBMS 資格情報の変更

2024年3月18日

ID 210175

たとえば、セキュリティ目的で資格情報のローテーションを実行するために、DBMS 資格情報の変更が必要になる場合があります。

Windows 環境で klsrvswch.exe を使用して DBMS 資格情報を変更するには:

  1. Kaspersky Security Center のインストールフォルダーにある klsrvswch ユーティリティを起動します。既定のインストールパス:<Disk>:\Program Files (x86)\Kaspersky Lab\Kaspersky Security Center。
  2. DBMS へのアクセスの資格情報を変更する]ステップに到達するまで、ウィザードの[次へ]をクリックします。
  3. ウィザードの[DBMS へのアクセスの資格情報を変更する]ステップで、次の操作を実行します:
    • 新しい資格情報を適用]を選択します。
    • アカウント]に新しいアカウント名を入力します。
    • パスワード]にアカウントの新しいパスワードを入力します。
    • パスワードの確認]で先ほど入力した新しいパスワードをもう一度入力します。

    DBMS に存在するアカウントの資格情報を指定する必要があります。

  4. 次へ]をクリックします。

ウィザードが終了すると、DBMS 資格情報が変更されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。