Unix デバイスのリモートインストールを設定する

2024年2月14日

ID 212573

すべて表示 | すべて非表示

リモートインストールタスクを使用して Unix デバイスにアプリケーションをインストールする際、タスクに Unix 固有の設定を指定することができます。これらの設定はタスクが作成された後にタスクのプロパティで利用できるようになります。

Unix 固有の設定をリモートインストールタスクで指定するには:

  1. メインメニューで、[デバイス]→[タスク]の順に選択します。
  2. Unix 固有の設定を指定するリモートインストールタスクの名前をクリックします。

    タスクのプロパティウィンドウが開きます。

  3. アプリケーション設定]→[Unix 固有の設定]の順に移動します。
  4. 次の設定を指定します:
    • root アカウントのパスワードを設定する(SSH での導入時のみ)
    • ターゲットデバイスへの実行権限がある一時ディレクトリへのパスを指定する(SSH での導入時のみ)
  5. 保存]をクリックします。

指定したタスク設定が保存されます。

関連項目:

タスクの全般的な設定

シナリオ:Kaspersky Security Center Web コンソールを使用したカスペルスキー製品の導入

シナリオ:監視とレポート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。