特定のオブジェクトへのアクセス権の割り当て

2024年6月17日

ID 237474

サーバーレベルでのアクセス権の割り当てに加えて、特定のオブジェクト(特定のタスクなど)へのアクセスを構成できます。本製品では、次のオブジェクトタイプへのアクセス権を指定できます:

  • 管理グループ
  • タスク
  • レポート
  • デバイスの抽出
  • イベントの抽出

特定のオブジェクトへのアクセス権を割り当てるには:

  1. オブジェクトタイプに応じて、メインメニューで、対応するセクションに移動します:
    • デバイス]→[グループ階層構造
    • デバイス]→[タスク
    • 監視とレポート]→[レポート
    • デバイス]→[デバイスの抽出
    • 監視とレポート]→[イベントの抽出
  2. アクセス権を設定するオブジェクトのプロパティを開きます。

    管理グループまたはタスクのプロパティウィンドウを開くには、オブジェクト名をクリックします。ツールバーのボタンを使用して、他のオブジェクトのプロパティを開くことができます。

  3. プロパティウィンドウで、[アクセス権]セクションを開きます。

    ユーザーリストが開きます。リストされたユーザーとセキュリティグループには、オブジェクトへのアクセス権があります。既定では、管理グループまたはサーバーの階層を使用する場合、リストとアクセス権は親管理グループまたはプライマリサーバーから継承されます。

  4. リストを変更できるようにするには、[カスタムの権限を使用する]オプションを有効にします。
  5. アクセス権を設定します:
    • リストを変更するには、[追加]と[削除]を使用します。
    • ユーザーまたはセキュリティグループのアクセス権を指定します。次のいずれかの手順を実行します:
      • アクセス権を手動で指定する場合は、ユーザーまたはセキュリティグループを選択し、[アクセス権]をクリックして、アクセス権を指定します。
      • ユーザーまたはセキュリティ グループにユーザーロールを割り当てる場合は、ユーザーまたはセキュリティグループを選択し、[ロール]をクリックして、割り当てるロールを選択します。
  6. 保存]をクリックします。

オブジェクトへのアクセス権が設定されます。

関連項目:

製品機能のアクセス権の設定:ロールベースのアクセス制御

製品機能のアクセス権

事前定義のユーザーロール

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。