ネットワークエージェントをインストールするために、閉鎖ソフトウェア環境モードで Astra Linux を実行しているデバイスを準備します

2024年3月18日

ID 251798

閉鎖ソフトウェア環境モードで Astra Linux を実行しているデバイスにネットワークエージェントをインストールする前に、2 つの準備手順を実行する必要があります。1 つは以下の手順にある手順、もう 1 つは Linux デバイスの一般的な準備手順です

事前準備:

ルート権限を持つアカウントを使用してこの手順にあるコマンドを実行します。

ネットワークエージェントをインストールするために、閉鎖ソフトウェア環境モードで Astra Linux を実行しているデバイスを準備するには:

  1. /etc/digsig/digsig_initramfs.conf ファイルを開き、次の設定を指定します:

    DIGSIG_ELF_MODE=1

  2. コマンドラインで次のコマンドを実行して、適合パッケージをインストールします:

    apt install astra-digsig-oldkeys

  3. 製品のライセンスにディレクトリを作成します:

    mkdir -p /etc/digsig/keys/legacy/kaspersky/

  4. 前の手順で作成したディレクトリに製品のライセンス /opt/kaspersky/ksc64/share/kaspersky_astra_pub_key.gpg を配置します:

    cp kaspersky_astra_pub_key.gpg /etc/digsig/keys/legacy/kaspersky/

    Kaspersky Security Center 配布キットに kaspersky_astra_pub_key.gpg ライセンスが含まれていない場合は、以下のリンクをクリックしてダウンロードできます:https://media.kaspersky.com/utilities/CorporateUtilities/kaspersky_astra_pub_key.gpg

  5. RAM ディスクをアップデートします:

    update-initramfs -u -k all

    システムを再起動します。

  6. すべての Linux デバイスに共通の準備手順を実行します。

デバイスが準備されました。これで、ネットワークエージェントのインストールに進むことができます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。