管理コンソール接続時の管理サーバーの認証

2024年2月14日

ID 3323

管理サーバーへの初回接続時に、管理サーバー証明書が管理コンソールによって要求され、管理コンピューターのローカルに保存されます。それ以降、管理コンソールがその管理サーバーへ接続を試行するたびに、管理サーバーが証明書のコピーに基づいて識別されます。

管理サーバー証明書が管理コンピューターに保存されているコピーと一致しない場合は、指定された名前の管理サーバーへの接続を確認し、証明書を新たにダウンロードするよう要求するメッセージが表示されます。接続が成功すると、管理コンソールによって新しい管理サーバー証明書のコピーが保存されます。以降は、このコピーが管理サーバーの識別に使用されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。