ライセンスのクライアントデバイスへの配信

2024年3月18日

ID 3617

すべて表示 | すべて非表示

Kaspersky Security Center では、[ライセンス配信]タスクによってクライアントデバイスにライセンスを配信できます。

配信前に、ライセンスを管理サーバーリポジトリに追加します

クライアントデバイスにライセンスを配信するには:

  1. コンソールツリーで、[カスペルスキーのライセンス]フォルダーを選択します。
  2. 作業領域のライセンスのリストで[管理対象デバイスにライセンスを自動配信する]をクリックします。

    アプリケーションのアクティベーションタスク作成ウィザード]が起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. アプリケーションのリストで、タスクを作成するアプリケーションを選択します。
  4. ウィザードの[ライセンスの追加]ステップで、ライセンスを追加します:
    1. アクティベーションコード]をオンにして Kaspersky Security Center リポジトリからアクティベーションコードを追加し、[選択]をクリックします。
    2. ウィンドウが開いたら、アクティベーションコードを選択し、[OK]をクリックします。

  5. ライセンス情報を確認し、[次へ]をクリックします。
  6. ウィザードのこのステップでは、ライセンスの追加タスクを割り当てるデバイスを選択します。次のいずれかの方法で、デバイスを指定します:
    • ネットワークの管理サーバーによって検出されたデバイスを選択する:この場合、タスクを特定のデバイスに割り当てます。特定のデバイスには、管理グループに属するデバイスと管理グループが割り当てられていないデバイスの両方を含めることができます。
    • デバイスのアドレスを手動で指定するか、リストからアドレスをインポートする]。タスクを割り当てるデバイスの NetBIOS 名、DNS 名、IP アドレス、IP サブネットを指定できます。
    • デバイスの抽出にタスクを割り当てる:この場合、既に作成された抽出に属するデバイスにタスクを割り当てます。事前定義の抽出または作成済みのカスタム抽出を指定できます。
    • 管理グループにタスクを割り当てる:この場合、既に作成された管理グループに属するデバイスにタスクを割り当てます。
  7. ウィザードの[タスクスケジュールの設定]ステップで、タスク開始のスケジュールを作成します:
    • 実行予定
      • 1 回
      • 手動
      • 新しいアップデートがリポジトリにダウンロードされ次第
      • ウイルスアウトブレイク検知次第
      • 他のタスクが完了次第
    • 未実行のタスクを実行する
    • タスクの開始を自動的かつランダムに遅延させる
    • タスクの開始を次の時間範囲内でランダムに遅延させる(分)
  8. ウィザードの[タスク名の定義]ステップで、タスクの名前を指定します。タスク名は 100 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。
  9. タスク作成の終了]ステップで、[終了]をクリックしてウィザードを終了します。

    ウィザード終了後にすぐにタスクを開始するには、[ウィザードの終了後にタスクを実行]をオンにします。

アプリケーションのアクティベーションタスク作成ウィザード]で作成したタスクは、特定のデバイスに対するタスクであり、コンソールツリーの[タスク]フォルダーに保存されます。

管理グループまたはクライアントデバイスに対するタスク作成ウィザードでグループまたはローカルのライセンス配信タスクを作成することもできます。

関連項目:

管理対象アプリケーションのライセンスの管理

使用中のライセンスに関する情報の表示

ライセンスの管理サーバーリポジトリへの追加

管理サーバーのライセンスの追加

管理サーバーのライセンスの削除

ライセンスの自動配信

ライセンス使用レポートの作成と表示

製品のライセンスに関する情報の表示

主要なインストールシナリオ

シナリオ:ネットワーク保護の設定

Kaspersky Security Center 14.2 の機能のライセンス

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。