タスク完了後のデバイスの自動停止

2024年6月17日

ID 3785

Kaspersky Security Center では、タスクの完了後にタスクが配信されたデバイスが自動的に停止されるようにタスクを設定できます。

タスク完了後にデバイスを自動的にオフにするには:

  1. タスクのプロパティウィンドウで[スケジュール]セクションを選択します。
  2. 詳細]をクリックして、デバイスに対する処理を設定するためのウィンドウを開きます。
  3. 表示される[詳細]ウィンドウで、[タスク完了後にデバイスをシャットダウンする]をオンにします。

関連項目:

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。