Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシー用のアプリケーションカテゴリの作成

2024年3月18日

ID 52459

アプリケーションカテゴリ]フォルダーまたは Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーの[プロパティ]ウィンドウから Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシー用のアプリケーションカテゴリを作成できます。

アプリケーションカテゴリ]フォルダーから Kaspersky Endpoint Security ポリシー用のアプリケーションカテゴリを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[詳細]→[アプリケーションの管理]→[アプリケーションカテゴリ]の順に選択します。
  2. アプリケーションカテゴリ]フォルダーの作業領域で[新しいカテゴリ]をクリックします。

    新規カテゴリウィザードが起動します。

  3. カテゴリ種別]ウィンドウで、アプリケーションカテゴリの種別を選択します:
    • 手動でコンテンツを追加するカテゴリ:実行ファイルを作成中のカテゴリに割り当てるために使用される基準を指定します。
    • 選択したデバイスの実行ファイルを含むカテゴリ:実行ファイルをカテゴリに自動的に割り当てる必要があるデバイスを指定します。
    • 特定のフォルダーの実行ファイルを含むカテゴリ。実行ファイルをカテゴリに自動的に割り当てる必要があるデバイスを指定します。
  4. ウィザードの指示に従います。

ウィザードが完了すると、カスタマイズされたアプリケーションカテゴリが作成されます。[アプリケーションカテゴリ]フォルダーの作業領域のカテゴリリストを使用して、新しく作成したカテゴリを確認できます。

アプリケーションカテゴリは、[ポリシー]フォルダーからも作成できます。

Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーの[プロパティ]ウィンドウから、アプリケーションカテゴリを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[ポリシー]フォルダーを選択します。
  2. ポリシー]フォルダーの作業領域で、カテゴリを作成先の Kaspersky Endpoint Security ポリシーを選択します。
  3. 右クリックして、[プロパティ]を選択します。
  4. プロパティ]ウィンドウが開いたら、左側の[セクション]ペインで、[セキュリティコントロール]→[アプリケーションコントロール]の順に選択します。
  5. アプリケーションコントロール]セクションで、[コントロールモード]と[処理]ドロップダウンリストで拒否リストまたは許可リストを選択し、[追加]をクリックします。

    アプリケーションコントロールルール]ウィンドウが開き、カテゴリのリストが表示されます。

  6. 新規作成]をクリックします。
  7. 新規カテゴリの名前を入力し[OK]をクリックします。

    新規カテゴリウィザードが起動します。

  8. カテゴリ種別]ウィンドウで、アプリケーションカテゴリの種別を選択します:
    • 手動でコンテンツを追加するカテゴリ:実行ファイルを作成中のカテゴリに割り当てるために使用される基準を指定します。
    • 選択したデバイスの実行ファイルを含むカテゴリ:実行ファイルをカテゴリに自動的に割り当てる必要があるデバイスを指定します。
    • 特定のフォルダーの実行ファイルを含むカテゴリ。実行ファイルをカテゴリに自動的に割り当てる必要があるデバイスを指定します。
  9. ウィザードの指示に従います。

ウィザードが完了すると、カスタマイズされたアプリケーションカテゴリが作成されます。新しく作成したカテゴリは、カテゴリのリストで確認できます。

アプリケーションカテゴリは、Kaspersky Endpoint Security for Windows に内蔵されたアプリケーションコントロールコンポーネントによって使用されます。アプリケーションコントロールを使用して、クライアントデバイスでアプリケーションの起動を制限することができます。たとえば、指定したカテゴリ内のアプリケーションのみが起動されるよう制限できます。

関連項目:

コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリの作成

シナリオ:アプリケーションの管理

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。