トラフィック制限

2024年2月14日

ID 5483

すべて表示 | すべて非表示

ネットワーク内のトラフィック量を軽減するために、このアプリケーションには、指定の IP アドレス範囲および IP サブネットから管理サーバーへのデータ転送速度を制限するオプションが用意されています。

トラフィック制限ルールは、管理サーバーのプロパティウィンドウの[トラフィック]セクションで作成、設定できます。

トラフィック制限ルールを作成するには:

  1. コンソールツリーで、トラフィック制限ルールを作成する必要がある管理サーバーの名前が付けられたフォルダーを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウで、[トラフィック]セクションを選択します。
  4. 追加]をクリックします。
  5. 新規ルール]ウィンドウで、次の設定を指定します:

    トラフィックを制限する IP アドレス範囲]セクションで、データ送信速度が制限されるサブネットまたは範囲の定義に使用される方法を選択し、選択した方法に対応するパラメータの値を入力します。次のいずれかの方法を選択します:

    トラフィック制限]セクションでは、次のデータ送信速度の制限設定を調整できます:

    • 時間
    • 制限(KB/秒)
    • 上記以外の時間もトラフィックを制限する(KB/秒)

トラフィック制限は基本的にファイルの転送に適用されます。これらのルールは、管理サーバーとネットワークエージェントの同期またはプライマリ管理サーバーとセカンダリ管理サーバーの同期によって生成されるトラフィックには適用されません。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。