ステップ 10:Kaspersky Security Center のサービスを実行するために使用するアカウントの選択

2024年6月17日

ID 91590

Kaspersky Security Center のサービスをこのデバイスで実行する場合のアカウントを選択します:

  • アカウントを自動的に作成:Kaspersky Security Center が kladmins グループ内のこのデバイス上に KlScSvc という名前のローカルアカウントを作成します。作成したアカウントで Kaspersky Security Center のサービスが実行されます。
  • アカウントの選択:選択したアカウントで Kaspersky Security Center のサービスが実行されます。

    レポートの保存先に別のデバイス内のフォルダーを指定する場合や、企業のセキュリティポリシーで定められている場合などには、ドメインアカウントを選択する必要があります。また、フェールオーバークラスターに管理サーバーをインストールする場合も、ドメインアカウントを選択する必要があります。

セキュリティ上の理由により、サービスを実行しているアカウントには権限ステータスを付与しないでください。

KSN プロキシサービス(ksnproxy)、カスペルスキーアクティベーションプロキシサービス(klactprx)、カスペルスキー認証ポータルサービス(klwebsrv)は、選択したアカウントで実行されます。

関連項目:

Kaspersky Security Center のインストール後のシステムの変更

主要なインストールシナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。