オペレーティングシステムイメージのインストール

2024年2月14日

ID 92247

Kaspersky Security Center では、デスクトップおよびサーバーベースの Windows オペレーティングシステムの WIM イメージを、組織ネットワーク内のデバイスに導入することができます。

Kaspersky Security Center ツールを使用して導入可能なオペレーティングシステムイメージを取得するために、次の手法が使用できます:

  • Windows 配布パッケージに含まれているファイル install.wim からのインポート
  • 基準デバイスからのイメージの取得

オペレーティングシステムイメージの導入に対しては、次の 2 つの手法がサポートされています:

  • オペレーティングシステムがインストールされていない「クリーンな」デバイスへの導入
  • Windows を実行中のデバイスへの導入

オペレーティングシステムイメージをキャプチャして展開するには、Windows プレインストール環境(Windows PE)を使用します。すべての対象デバイスが正常に機能するために必要なドライバーをすべて WinPE に追加する必要があります。通常、ネットワークアダプターとストレージコントローラーのドライバーを追加する必要があります。

イメージの導入と取得を実行するには、次の要件を満たしている必要があります:

  • Windows 自動インストールキット(WAIK)バージョン 2.0 以降、または Windows ADK の Windows PE アドオンを使用する Windows ADK が管理サーバーにインストールする必要があります。Windows XP でイメージのインストールまたは取得を実行するには、WAIK をインストールする必要があります。
  • 対象デバイスが置かれているネットワーク上で DHCP サーバーが使用可能である。
  • 対象デバイスが置かれているネットワークから読み取る場合は、管理サーバーの共有フォルダーを開く必要がある。共有フォルダーが管理サーバー内にある場合、KlPxeUser アカウントにアクセス権限を付与してください(管理サーバーのインストーラー実行中に自動的に作成されるアカウントです)。共有フォルダーが管理サーバー外に置かれている場合、すべてのユーザーにアクセス権限を付与する必要があります。

インストールするオペレーティングシステムイメージを選択する際には、管理者が対象デバイスの CPU アーキテクチャ(x86 または x86-64)を明示的に指定する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。