Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペースを開く

2024年4月15日

ID 134563

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペースを作成するとすぐに、ワークスペースが自動的に開きます。このセクションの説明に従い、後でワークスペースを開くことができます。

仮想管理サーバーの管理者は、仮想管理サーバーにのみアクセスできます。ログインしてワークスペースを開くと、Kaspersky Security Center Cloud コンソールに仮想管理サーバーのインターフェイスが表示されます。プライマリ管理サーバーまたは他のセカンダリ管理サーバーに切り替えることはできません。

仮想管理サーバーの管理者は、単一の仮想管理サーバーにアクセスできる必要があります。プライマリサーバーへのアクセス権がなく、複数の仮想サーバーへのアクセス権がある場合、 Kaspersky Security Center Cloud コンソールにログインできません。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペースを開くには:

  1. ブラウザーで、 Kaspersky Security Center Cloud コンソールに移動します。
  2. ユーザー名とパスワードを指定して、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのアカウントにログインします。
  3. 二段階認証を設定した場合は、SMS で送信されるか、認証アプリで生成されるワンタイムセキュリティコードを入力します(設定した二段階認証方法によって異なります)。

    ポータルのページに、管理者として登録されている会社とそのワークスペースのリストが表示されます。

  4. 必要なワークスペースの名前をクリックするか、[ワークスペースに移動]をクリックして、ワークスペースに進みます。

    メンテナンスのため、ワークスペースが使用できない場合があります。この場合、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペースに進むことができません。

    削除対象としてマークされているワークスペースを開くことはできません。

  5. Kaspersky Security Center Cloud コンソールの法的文書が、ユーザーが条項に同意した後に変更されている場合、ポータルページに変更された文書が表示されます。

    次の手順に従います:

    1. 表示された文書をよくお読みください。
    2. 表示された文書の条項に同意する場合は、一覧表示されている文書に隣接するチェックボックスをオンにして、[同意する]をクリックします。

      条項に同意しない場合は、選択したカスペルスキー製品の使用を中止してください。

      同意しない]をクリックすると、操作が中止されます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペースが開きます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。