会社の登録とワークスペースの作成

2024年4月15日

ID 143266

アカウントが作成されてすぐに、会社を登録してワークスペースを作成できます。

10,000 台を超えるデバイスを保護する場合、以下に説明するように会社を登録して Kaspersky Security Center Cloud コンソールにワークスペースを作成する必要はありません。代わりに、カスペルスキーテクニカルサポートに問い合わせてください。問い合わせには、作成する会社とワークスペースに関する情報を指定します。

現在、登録できる会社は 1 社、作成できるワークスペースは 1 社のみです。Kaspersky Security Center Cloud コンソールの将来のリリースでは、会社用に追加のワークスペースを作成できるようになる予定です。会社の支店ごとに個別のワークスペースを作成することにより、会社の構造をワークスペースにマッピングするのに役立ちます。

開始する前に、次を確認してください:

  • ソフトウェア製品を使用する会社の名前。
  • その会社が所在する国。会社がアメリカまたはカナダにある場合、州も確認しておく必要があります。
  • 保護する会社のコンピューターとモバイルデバイスの総数。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールで会社を登録してワークスペースを作成するには:

  1. ブラウザーで、 Kaspersky Security Center Cloud コンソールに移動します。
  2. Kaspersky Security Center Cloud コンソールのスタートページで[ログイン]をクリックします。
  3. アカウントの作成時に指定したメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

    ワークスペースの作成ウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  4. ウィザードの[ステップ 01:Kaspersky Security Center Cloud コンソールの利用規約]ページで、次の手順を実行します:
    1. ソフトウェア製品の使用許諾契約書、プライバシーポリシー、およびデータ処理に関する契約書をよくお読みください。
    2. 使用許諾契約書およびデータ処理に関する契約書の条項に同意し、プライバシーポリシーに記載されている通りにデータが処理されて送信される(第三国を含む)ことを理解して同意した場合、プライバシーポリシーを十分に読んで理解し、一覧表示されている 3 つのドキュメントに隣接するチェックボックスをオンにして、[同意する]をクリックします。

      条項に同意しない場合は、Kaspersky Security Center Cloud コンソールを使用しないでください。

      同意しない]をクリックすると、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのワークスペース作成プロセスが終了します。

  5. ウィザードの[ステップ 02:会社情報]ページで、会社の主な詳細を指定します。

    次のフィールドに値を入力します:

    • 自分の会社名(必須)

      ソフトウェア製品を使用する会社の名前を指定します。入力できるのは、255 文字までです。使用できる文字列は、大文字と小文字の英数字、空白、ドット、コンマ、マイナス、ダッシュ、アンダースコアです。指定した会社名が Kaspersky Security Center Cloud コンソールに表示されます。

    • 追加の会社説明フィールド(省略可能)

      登録する会社に関する追加情報を指定できます。入力できるのは、255 文字までです。使用できる文字列は、大文字と小文字の英数字、空白、ドット、コンマ、マイナス、ダッシュ、アンダースコアです。

  6. ウィザードの[ステップ 03:ワークスペース情報]ページで、会社用に作成するワークスペースに関する情報を指定します。

    次の必要なフィールドに値を入力します:

    • ワークスペース名:ソフトウェア製品を使用するワークスペースの名前を指定します。入力できるのは、255 文字までです。使用できる文字列は、大文字と小文字の英数字、空白、ドット、コンマ、マイナス、ダッシュ、アンダースコアです。指定したワークスペース名が Kaspersky Security Center Cloud コンソールに表示されます。
    • :ドロップダウンリストから、ワークスペースが所在する国を選択します。アメリカまたはカナダを選択した場合、このフィールドの下に表示される[]のドロップダウンリストで州も指定します。
    • デバイスの数:このワークスペース内で保護するコンピューターとモバイルデバイスの総数を入力します。

      この入力フィールドでは、300 〜 10,000 の数値を入力できます。

  7. ステップ 04:ウィザードの新しいワークスペースのライセンス]ページで、次のいずれかを実行します:
    • Kaspersky Security Center Cloud コンソールを試す場合は、[試用ワークスペースをリクエストする]をクリックします。

      自分のデバイスを試用ワークスペースに接続し、設定の変更をテストして結果を確認することを推奨します。

      アクティベーションコードを入力して試用ワークスペースを製品版に切り替えることはできません。製品版に切り替えるには、ワークスペースを削除して再度作成する必要があります。

    • Kaspersky Security Center Cloud コンソールを製品版で使用する場合は、アクティベーションコードを入力して[確認]をクリックします。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールでの会社の登録とワークスペースの作成が完了しました。

ワークスペースの準備が完了すると、ワークスペースにアクセスするためのリンクが記載されたメールが届きます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。