Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初期設定

2024年4月15日

ID 153504

このセクションでは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールの主要な導入シナリオについて、ワークスペースの作成からネットワーク保護ステータスの監視まで説明します。

オンプレミスで実行される Kaspersky Security Center の導入の情報については、Kaspersky Security Center のオンラインヘルプを参照してください。

このシナリオの完了には少なくとも 1 営業日を割り当てることを推奨します。

このシナリオでは、次の内容について説明します:

  • 会社のワークスペースで管理者として作業を開始する
  • ネットワーク上のデバイスを検出する(必要に応じてディストリビューションポイントを割り当て、配布パッケージを手動でインストールする)
  • クライアントデバイスに管理対象カスペルスキー製品を導入する:ネットワーク保護と監視のためのツールの設定、定義データベース、ソフトウェアモジュール、カスペルスキー製品の定期的なアップデート

このシナリオを完了すると、カスペルスキー製品によるネットワーク保護が設定されます。ネットワーク保護ステータスの監視を開始できます。

必須条件

開始する前に:

実行するステップ

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの設定は段階的に進行します:

  1. ポートの設定

    ネットワークとカスペルスキーのインフラストラクチャ間の通信用に、必要なすべてのポートが開かれていることを確認します。また、管理サーバーの階層を使用する場合は、セカンダリ管理サーバーとクライアントデバイス間の通信用に、必要なすべてのポートが開かれていることを確認します。

  2. 会社用のワークスペースの作成

    アカウントを作成してから、会社のワークスペースを作成します

  3. クイックスタートウィザードの実行

    Kaspersky Security Center Cloud コンソールを開いてサインインします。初回のログインでは、クイックスタートウィザードの実行が自動的に要求されます。また、クイックスタートウィザードはいつでも手動で起動できます。

    クイックスタートウィザードが完了すると、ネットワークエージェントとセキュリティ製品のインストールパッケージを入手できます。Kaspersky Security Center Cloud コンソールの導入を続行するには、これらのインストールパッケージが必要です。

  4. カスペルスキー製品の導入

    カスペルスキー製品の初期導入シナリオを実行します。シナリオのステップの 1 つでは、ネットワークポーリング操作を行います。この操作はネットワーク上のクライアントデバイスを検出するために必要です。ネットワークポーリングとその設定については、ネットワーク接続されたデバイスの検出のシナリオで記載されています。

    Kaspersky Security for Windows Server を導入する場合は、この製品のデータベースが最新であることを確認してください

  5. カスペルスキーのセキュリティ製品へのライセンス付与

    管理対象デバイスに対するカスペルスキーのセキュリティ製品の導入時には、各製品にアクティベーションコードを適用して、製品にライセンスを付与する必要があります。管理対象デバイスにインストールされているカスペルスキー製品にアクティベーションコードを展開します。カスペルスキーのセキュリティ製品にライセンスを付与するオプションは、いくつかあります。

  6. ネットワーク保護の設定

    ネットワーク保護の設定を実行し、クイックスタートウィザードで作成されたポリシーとタスクを調整します。

  7. 定義データベース、ソフトウェアモジュール、カスペルスキー製品の定期的なアップデート

    ウイルスなどの脅威からのネットワークの保護を維持するには、定義データベース、ソフトウェアモジュール、カスペルスキー製品の定期的なアップデートを設定する必要があります。

  8. サードパーティ製ソフトウェアのアップデートと脆弱性の修正(任意)

    Kaspersky Security Center Cloud コンソールでは、クライアントデバイスにインストールされている Microsoft 製品のアップデートを管理できます。必要なアップデートのインストールにより、Microsoft 製品の脆弱性を修正することもできます。

  9. ネットワーク保護ステータスを監視するツールの設定

    ネットワーク保護ステータスを監視するためのウィジェットやレポートなどのツールを選択し、設定します。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールを導入して設定すると、ネットワーク保護ステータスの監視を開始できます。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールで使用されるポート

基本概念

アーキテクチャ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。