スマートトレーニングモードでのルールの適用条件

2024年4月15日

ID 172869

このセクションでは、クライアントデバイス上の Kaspersky Endpoint Security for Windows によるアダプティブアノマリーコントロールルールを使用した検知結果について説明します。

ルールは、クライアントデバイス上の通常と異なるふるまいを検知し、ブロックできます。ルールをスマートトレーニングモードで動作させている場合は、ルールによって異常なふるまいが検知されると、すべての検知について Kaspersky Security Center Cloud コンソール管理サーバーにレポートが送信されます。これらの情報は[リポジトリ]フォルダーの[スマートトレーニングでのルールの適用状況]サブフォルダーのリストに保存されます。検知結果を適切だとして確認することも、同種のふるまいが異常なふるまいとみなされないように除外として追加することもできます。

検知結果に関する情報は、管理サーバーでイベントログ(他のイベントと同様)と[アダプティブアノマリーコントロール]レポートに保存されます。

アダプティブアノマリーコントロールルールおよびルールのモードとステータスの詳細については、Kaspersky Endpoint Security のヘルプを参照してください。

このセクションの内容

アダプティブアノマリーコントロールルールを使用した検知のリストの表示

アダプティブアノマリーコントロールルールから除外に追加

関連項目:

クライアントデバイスの管理

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。