ステップ 5:基本的なネットワーク保護の設定情報の作成

2024年4月15日

ID 176001

ウィザードのこのステップで、[作成]をクリックして、クライアントデバイスの初期保護に必要なオブジェクトを作成します。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールによって 2 つの処理が実行されます:

  • 既定の設定の基本的なポリシーとタスクの作成

    次のポリシーが作成されます:

    • Kaspersky Security Center ネットワークエージェントのポリシー
    • 管理対象のカスペルスキー製品のポリシー

    次のタスクが作成されます:

    • ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロードタスク
    • 脆弱性とアプリケーションのアップデートの検索タスク

      ウィザードの前のステップで[サードパーティ製品のアップデートと脆弱性修正プログラムの検索]をオンにした場合のみ、このタスクが作成されます。

    • 管理対象のカスペルスキー製品のタスク
  • ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージの作成

    このパッケージを使用して、ディストリビューションポイントにネットワークエージェントをインストールします。ウィザードの前のステップで選択したネットワークエージェントのインストールパッケージに基づいて、Kaspersky Security Center Cloud コンソールによってスタンドアロンインストールパッケージが作成されます。パッケージの作成時、ネットワークエージェントの EULA の条項を読んで同意する必要があります。スタンドアロンインストールパッケージが作成されると、その時使用しているデバイスにダウンロードするよう要求されます。

    ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージの作成には時間がかかる場合があります。ウィザードで次のステップに進むことができます。プロセスはバックグラウンドモードで続行します。プロセスは、[インストールパッケージ]セクション([検出と製品の導入]→[導入と割り当て]→[インストールパッケージ])の[実行中()]タブで追跡できます。

    認証のため、各スタンドアロンインストールパッケージは証明書を使用して署名されています。証明書は定期的に再発行されます。証明書の再発行の各手順後、作成されたすべてのスタンドアロンインストールパッケージの署名が Kaspersky Security Center Cloud コンソールによって自動的にアップデートされます。ダウンロードしたスタンドアロンインストールパッケージに対しては、署名の自動アップデートを実行できません。したがって、証明書の有効期間が終了し、スタンドアロンインストールパッケージからの製品のインストール中に証明書エラーが発生する場合があります。この場合は、スタンドアロンインストールパッケージを再びダウンロードしてください。

関連項目:

クイックスタートウィザードの概要

クイックスタートウィザードの起動

ステップ 1:ダウンロードするインストールパッケージの選択

ネットワークエージェントのスタンドアロンイントールパッケージの作成

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。