IP アドレス範囲の追加と変更

2024年4月4日

ID 176003

すべて表示 | すべて非表示

最初に、Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、ネットワークポーリングに使用するディストリビューションポイントデバイスのネットワーク設定からポーリング用の IP アドレス範囲を取得します。デバイスアドレスが 192.168.0.1 でサブネットマスクが 255.255.255.0 の場合、Kaspersky Security Center Cloud コンソールは 192.168.0.0/24 ネットワークをポーリング対象のアドレスのリストに自動的に含めます。Kaspersky Security Center Cloud コンソールは 192.168.0.1 から 192.168.0.254 までのすべてのアドレスのポーリングを実行します。自動的に定義された IP アドレス範囲を編集したり、カスタム IP アドレス範囲を追加できます。

新しい IP アドレス範囲を追加するには:

  1. メインメニューで、目的の管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 全般]タブで、[ディストリビューションポイント]セクションを選択します。
  3. ネットワークポーリングに使用するディストリビューションポイントの名前をクリックします。

    ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウが開きます。

  4. IP アドレス範囲のポーリング]セクションを選択します。
  5. 新しい IP アドレス範囲を追加するには、[追加]をクリックします。
  6. 表示されたウィンドウで、次の設定を行います:
    • 名前
    • IP 区間またはサブネットアドレスとマスク
    • IP アドレスの有効期間(時間)
  7. OK]をクリックします。

IP アドレス範囲のリストに新しい IP アドレス範囲が追加されます。

ポーリングの完了後、[デバイス]を使用して、検出されたデバイスのリストを表示できます。既定では、ポーリング結果の有効期間は 24 時間で、これは IP アドレスの有効期間と同じ長さです。

関連項目:

IP アドレス範囲のポーリング

ネットワーク接続されたデバイスの検出シナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。