ソフトウェアアップデートの拒否と承認

2024年4月15日

ID 180195

アップデートのインストールタスクの設定によっては、インストールするアップデートの承認が必要な場合があります。インストールする必要のあるアップデートを承認し、インストールしないアップデートを拒否します。

たとえば、最初にテスト環境にアップデートをインストールしてデバイスのオペレーティングシステムとの互換性の問題が生じないかを確認してから、クライアントデバイスへのこれらのアップデートのインストールを許可することができます。

1 つ以上のアップデートを承認または拒否するには:

  1. メインメニューで、[操作]→[カスペルスキー製品]→[シームレスアップデート]の順に移動します。

    適用可能なアップデートのリストが表示されます。

    管理対象の製品のアップデートには、Kaspersky Security Center の特定の最小バージョンをインストールする必要がある場合があります。この最小バージョンが現在のバージョンよりも新しい場合、これらのアップデートは表示されますが、承認はできません。また、Kaspersky Security Center をアップグレードするまでは、このようなアップデートからインストールパッケージを作成することもできません。Kaspersky Security Center インスタンスを必要な最小バージョンにアップグレードするように要求されます。

  2. 承認または拒否するアップデートを選択します。
  3. 選択したアップデートを承認する場合は[承認]を、拒否する場合は[承認却下]を選択します。

    既定値は[未定義]です。

承認]ステータスを割り当てたアップデートは、インストールを待機するキューに置かれます。

拒否]ステータスを割り当てたアップデートは、アップデートをインストール済みのすべてのデバイスからアンインストールされます(可能な場合)。また、今後これらのアップデートは他のデバイスに新規にインストールされません。

カスペルスキー製品の一部のアップデートはアンインストールできません。アンインストールできないカスペルスキー製品のアップデートに[拒否]ステータスを設定した場合、これらのアップデートはインストール済みのデバイスからアンインストールされません。しかし、今後これらのアップデートが他のデバイスに新規にインストールされることはありません。

サードパーティ製のソフトウェアアップデートに[拒否]ステータスを設定すると、このアップデートは、アップデートのインストールを予定しているがまだ完了していないデバイスにはインストールされません。アップデートをインストール済みのデバイスには、これらのアップデートがそのまま残ります。アップデートを削除する時は、手動でローカル削除できます。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。