Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用の有効化と無効化

2024年4月15日

ID 180747

Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントのアップデートとパッチの自動インストールは、デバイスにネットワークエージェントをインストールする際に既定で有効になります。ネットワークエージェントのインストール中、あるいはインストール後にポリシーを使用して無効にすることができます。

ネットワークエージェントをデバイスのローカルにインストール中、Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にするには:

  1. デバイスへのネットワークエージェントのローカルインストールを開始します。
  2. 詳細設定ステップで、[コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」であるアップデートとパッチを自動的にインストールする]をオフにします。
  3. ウィザードの指示に従ってください。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチが無効にされたネットワークエージェントが、デバイスにインストールされます。ポリシーを使用して、自動アップデートとパッチを有効にできます。

インストールパッケージを介してネットワークエージェントをデバイスにインストール中に、Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にするには:

  1. メインメニューで、[操作]→[リポジトリ]→[インストールパッケージ]の順に選択します。
  2. Kaspersky Security Center ネットワークエージェント <バージョン番号> パッケージをクリックします。
  3. プロパティウィンドウで[設定]タブを選択します。
  4. コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」であるアップデートとパッチを自動的にインストールする]をオフにします。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチが無効にされたネットワークエージェントが、このパッケージからインストールされます。ポリシーを使用して、自動アップデートとパッチを有効にできます。

デバイスにネットワークエージェントをインストール中に、ステップ 4 でチェックボックスをオン(またはオフ)にすると、その後ネットワークエージェントポリシーを使用して自動アップデートを有効(または無効)にできます。

ネットワークエージェントポリシーを使用して、Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチを有効または無効にするには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[ポリシーとプロファイル]の順に移動します。
  2. ネットワークエージェントのポリシーをクリックします。
  3. ポリシーのプロパティウィンドウで[アプリケーション設定]タブを選択します。
  4. パッチとアップデートの管理]セクションで、[コンポーネントに適用可能でステータスが「未定義」であるアップデートとパッチを自動的にインストールする]をオンまたはオフにして、自動アップデートとパッチを有効または無効にします。
  5. この切り替えスイッチには必ずロック()を設定([強制適用])します。

選択したデバイスにポリシーが適用され、Kaspersky Security Center Cloud コンソールコンポーネントの自動アップデートとパッチがデバイス上で有効(または無効)になります。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。