オフラインデバイスの定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデート

2024年4月15日

ID 180902

管理対象デバイスの定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデートは、ウイルスやその他の脅威からデバイスを継続して保護するために重要なタスクです。通常、管理者はディストリビューションポイントのリポジトリを使用して、定期的なアップデートを設定します。

ディストリビューションポイントまたはインターネットのいずれにも接続されていないデバイス(またはデバイスのグループ)のデータベースとソフトウェアモジュールをアップデートする必要がある場合は、FTP サーバーまたはローカルフォルダーなどの代替のアップデート元を使用する必要があります。この場合、フラッシュドライブまたは外付けハードディスクなどの大容量ストレージデバイスを使用して必要なアップデートのファイルを受け渡しする必要があります。

必要なアップデートは次のソースからコピーできます:

  • ディストリビューションポイント:

    オフラインデバイスにインストールされているセキュリティ製品に必要なアップデートがディストリビューションポイントのリポジトリに含まれるようにするには、ディストリビューションポイントの範囲内にある少なくとも 1 台のオンラインの管理対象デバイスに同じセキュリティ製品がインストールされている必要があります。また、この製品が[ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロード]タスクを使用してディストリビューションポイントのリポジトリからアップデートを受信するように設定されている必要があります。

  • 同じセキュリティ製品がインストールされていて、ディストリビューションポイントのリポジトリからアップデートを受信するか、カスペルスキーのアップデートサーバーからアップデートを直接受信するように設定されている任意のデバイス。

ディストリビューションポイントのリポジトリからアップデートをコピーして、データベースおよびソフトウェアモジュールのアップデートを設定する例を次に示します。

オフラインデバイスの定義データベースとソフトウェアモジュールをアップデートするには:

  1. リムーバブルドライブをディストリビューションポイントデバイスに接続します。
  2. アップデートファイルをリムーバブルドライブにコピーします。

    既定では、%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\KasperskyLab\adminkit\1103\Updates にアップデートが存在します。

  3. オフラインデバイスで、ローカルフォルダーまたは FTP サーバーや共有フォルダーなどの共有リソースからアップデートを受信するように、セキュリティ製品(たとえば Kaspersky Endpoint Security for Windows)を設定します。
  4. リムーバブルドライブからローカルフォルダーまたはアップデート元として使用する共有リソースにアップデートファイルをコピーします。
  5. アップデートのインストールが必要なオフラインデバイスで、Kaspersky Endpoint Security for Windows のアップデートタスクを開始します。

アップデートタスクが完了すると、デバイスの定義データベースとソフトウェアモジュールが最新の状態になります。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。