Kaspersky Security Network の設定

2024年4月15日

ID 181226

Kaspersky Security Network(KSN)は、ファイル、Web リソース、およびソフトウェアのレピュテーションに関する情報を持つクラウド サービスのインフラストラクチャです。Kaspersky Security Network を使用することで、 Kaspersky Endpoint Security for Windows はより迅速に様々な種類の脅威に対応し、保護コンポーネントのパフォーマンスを向上させ、誤検知の可能性を減らすことができます。Kaspersky Security Network の詳細は、 Kaspersky Endpoint Security for Windows のヘルプを参照してください。

Kaspersky Endpoint Security for Windows のポリシーのプロパティウィンドウの[アプリケーション設定]→[Advanced Threat Protection]セクションで、 Kaspersky Security Network の動作を設定できます。

KSN について推奨される設定を指定するには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[ポリシーとプロファイル]の順に選択します。
  2. Kaspersky Endpoint Security for Windows のポリシーをクリックします。

    選択したポリシーのプロパティウィンドウが表示されます。

  3. ポリシーのプロパティで、[アプリケーション設定]→[先進の脅威対策]→[Kaspersky Security Network]の順に選択します。
  4. 管理サーバーを KSN プロキシサーバーとして使用する]がオンになっていることを確認します。このオプションを使用することで、ネットワーク上でトラフィックを再分配し、最適化できます。

    Managed Detection and Response を使用する場合、ディストリビューションポイントの[KSN プロキシ]をオンにし、拡張 KSN モードを有効にする必要があります。

  5. (任意)[KSN プロキシサービスを使用できない場合は、KSN サーバーを使用する]を有効にします。これを行うには、[KSN プロキシサーバーが使用できない場合は Kaspersky Security Network サーバーを使用する]をオンにします。

    KSN サーバーは、カスペルスキー側に配置されている場合(KSN の使用時)とサードパーティ側に配置されている場合(KPSN の使用時)があります。

  6. OK]をクリックします。

KSN について推奨される設定が指定されます。

関連項目:

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。