サードパーティ製品の自動アップデート

2023年12月1日

ID 181247

一部のサードパーティ製品は自動的にアップデートできます。アプリケーションの製造元は、アプリケーションが自動アップデート機能をサポートするかどうかを定義します。管理対象デバイスにインストールされているサードパーティ製品が自動アップデートをサポートしている場合は、アプリケーションのプロパティで自動アップデートの設定を指定できます。自動アップデート設定の変更後、ネットワークエージェントは、アプリケーションがインストールされている各管理対象デバイスにその新しい設定を適用します。

自動アップデートの設定は、脆弱性とパッチ管理機能の他のオブジェクトと設定から独立しています。たとえば、この設定はアップデート承認の状況や、[アップデートのインストールと脆弱性の修正]、[Windows Update 更新プログラムのインストール]、[脆弱性の修正]などのアップデートのインストールタスクには依存しません。

サードパーティ製品の自動アップデート設定を行うには:

  1. メインメニューで、[操作]→[サードパーティ製品]→[アプリケーションレジストリ]の順に選択します。
  2. 自動アップデート設定を変更するアプリケーションの名前をクリックします。

    検索を簡略化するには、[自動アップデートのステータス]列でリストをフィルタリングできます。

    アプリケーションプロパティのウィンドウが開きます。

  3. 全般]セクションで、次の設定の値を選択します:

    自動アップデートのステータス

  4. 保存]をクリックして変更を保存します。

選択したアプリケーションに自動アップデートの設定が適用されます。

関連項目:

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアのアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。