イベント種別のデータ構造の説明

2024年4月15日

ID 181756

イベント種別ごとに、表示名、識別子(ID)、英字コード、内容の説明、既定の保管期間を記載しています。

  • イベント種別の表示名:イベントを設定してそれが発生すると、この列のテキストが Kaspersky Security Center Cloud コンソールで表示されます。
  • イベント種別の ID:イベント解析用のサードパーティ製品を使用してイベントを処理すると、この列の数字コードが使用されます。
  • イベント種別(英字コード):このコードは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのデータベースのパブリックビューを使用したイベントの参照時および処理時に使用されます。
  • 説明:この列では、イベントが発生する状況と可能な対応が説明されています。
  • 既定の保管期間:この列には、イベントが管理サーバーデータベースに保管され、管理サーバーのイベントリストに表示される日数が記載されています。この期間が過ぎると、イベントが削除されます。イベントの保管期間の値が「0」の場合、これらのイベントについては検知のみが行われ、管理サーバーのイベントリストへの表示は行われません。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのコンポーネントのイベント

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。